ドコモhome5Gの通信速度を徹底検証!実測値は速いの?遅いの?

当ページのリンクには広告が含まれています。
ドコモhome5Gの通信速度

ドコモhome5Gの通信速度が速いらしいけど、実際にどれくらいで使えるの?

そんな疑問にお答えします。

ドコモhome5Gはダウンロード(下り)の速度が速いため、ウェブサイトの閲覧やネット動画の視聴であれば光回線と遜色ありません。

さらに光回線のような開通工事が不要なので、端末さえ用意できればインターネットをすぐに利用することができます。

ただし反応速度(Ping値)は遅いため、FPSなどのオンラインゲームには光回線の方がおすすめです。

そこで本記事では、ドコモhome5Gで実際に利用できる通信速度を徹底解説し、どんな人におすすめなのかをご紹介していきます。

ドコモhome5Gの契約を検討している人は、ぜひ最後までお付き合いください。

\ お得なキャンペーン情報はこちら /

ドコモの5Gが電源に挿すだけで利用可能!

この記事を書いた人

アバター

HIRO@インターネットの教科書

通信業界に15年勤めるサラリーマン。光回線やモバイル回線を活用したサービスを提供しています。本ブログでは、本業で培った知識を活かして、インターネットの疑問にお答えしていきます。

目次

ドコモhome5Gの通信速度

ドコモhome5gの速度を分析

ドコモhome5Gは、NTTドコモが提供する5G対応のホームルーターです。

近年、たくさんの人々が手軽で高速なインターネット接続を求めており、ドコモhome5Gはそのニーズに応えるべくリリースされました。

とは言え、ドコモhome5Gではどれくらいの通信速度が利用できるのでしょうか。

そんな疑問を解消するため、ドコモhome5Gの最大通信速度実測値、そして他社回線との速度比較について詳しく見ていきます。

ドコモhome5Gの最大通信速度

ドコモhome5Gは、ドコモの5G/4G LTEのモバイル回線を利用しています。

受信電波下り上り
5G4.2Gbps218Mbps
4G LTE1.7Gbps131.3Mbps
ドコモhome5Gの最大通信速度

理論上では、ダウンロード(下り)の速度は光回線よりも速いとされています。

ただし最大20Gbpsのミリ波の提供エリアは未だ限定的で、5Gのほとんどのエリアが4G LTEの改良版であるSub6が中心です。

そのため、ドコモhome5Gの本来のスペックを知りたいのであれば、リアルな通信速度である「実測値」を確認する必要があります。

ドコモhome5Gの速度実測値

みんなのネット回線速度では、ドコモhome5Gの直近3ヶ月間の速度実測値が確認できます。

時間帯Ping下り上り
50.38ms201.90Mbps18.72Mbps
51.18ms131.04Mbps15.08Mbps
夕方53.21ms142.81Mbps16.38Mbps
53.37ms149.63Mbps17.73Mbps
深夜48.60ms241.32Mbps25.74Mbps
出典:みんなのネット回線速度

速度の単位:1Gbps=1000Mbps

下りの実測値では光回線と遜色ない速度が出ているため、ダウンロードが中心のウェブサイト閲覧やネット動画だけであれば快適です。

しかし反応速度を示すPing値については、光回線よりもかなり遅いため、FPSなどのオンラインゲームには向かないことがわかります。

ドコモhome5Gと他社回線の速度比較

最後に、ドコモhome5Gと主要ネット回線の速度を比較してみます。

スクロールできます
サービス名Ping下り上り
ドコモhome5G54.09ms142.96Mbps17.87Mbps
Speed Wi-Fi
HOME 5G L13
59.52ms201.04Mbps24.04Mbps
SoftBank Air43.61ms103.45Mbps10.01Mbps
Rakuten Turbo51.91ms66.88Mbps32.47Mbps
ドコモ光18.85ms273.04Mbps261.85Mbps
ソフトバンク光15.83ms310.93Mbps286.62Mbps
auひかり15.40ms515.98Mbps496.37Mbps
NURO光11.35ms580.22Mbps554.28Mbps

ドコモhome5Gの実測値は、ホームルーターの中では非常に速度が速く、下手な光回線よりも快適に利用できることがわかります。

実測値が100Mbps以上あれば、読み込み遅延などは発生しません。

そのため、下り(ダウンロード)しか利用しないウェブサイトの閲覧やネット動画であれば、ドコモhome5Gでも十分対応できます。

ただし光回線よりも反応速度を示すPing値が遅いため、FPSなどのオンラインゲームのプレイ環境にドコモhome5Gはおすすめしません。

オンラインゲームでラグが気にならないとされるPing値は20ms以下。

なお、オンラインゲームに特化した光回線については、こちらの記事をご確認ください。

なぜドコモhome5Gの速度実測値は速いのか?

ドコモhome5Gの速度実測値が速い理由

ドコモhome5Gは、ダウンロードの通信速度だけを見ると、光回線とほぼ同等です。

そこで、ドコモhome5Gの通信速度が光回線並みに速い理由について解説していきます。

ドコモの5G回線を利用している

ドコモhome5Gはその名の通り、ドコモの5G回線が利用できるホームルーターです。

5G回線はこれまでの4G LTE回線と比べると、データ伝送速度が大幅に向上しており、通信の遅延も少ないという特徴があります。

受信電波下り上り
5G4.2Gbps218Mbps
4G LTE1.7Gbps131.3Mbps
ドコモhome5Gの最大通信速度

それにより高画質な動画のストリーミングや大容量のデータダウンロードをする際にも、スムーズな通信が可能となっています。

また5Gの提供エリアも日々拡大しているため、ドコモhome5Gの恩恵を受ける人の数も広がりを見せています。

Wi-Fi6(11ax)に対応している

Wi-Fi(無線LAN)の技術も年々進化を続けており、ドコモhome5GではWi-Fi6(11ax)に対応しています。

Wi-Fi6(11ax)の最大通信速度は9.6Gbpsとされており、理論上では有線接続と遜色ない通信速度が出せるまでとなりました。

規格通称最大速度
IEEE802.11beWi-Fi730Gbps
IEEE802.11axWi-Fi69.6Gbps
IEEE802.11acWi-Fi56.9Gbps
IEEE802.11nWi-Fi4600Mbps
IEEE802.11g54Mbps
IEEE802.11b11Mbps
IEEE802.11a54Mbps
無線LAN規格

また、従来までのWi-Fi(無線LAN)規格と比べて、多くの端末が接続されている環境でも高いパフォーマンスを発揮することが可能です。

家族みんなでドコモhome5Gを利用しても、通信速度が落ちづらい特徴があります。

ビームフォーミング機能が搭載

ビームフォーミングとは、Wi-Fi(無線LAN)の信号を特定の端末方向に集中的に送信する技術のことを指します。

従来型とビームフォーミング

ドコモhome5Gではこのビームフォーミング機能が搭載されているため、接続端末を検知して最適な方向へとWi-Fiを出力します。

これによって、ドコモhome5GではWi-Fi(無線LAN)の送信ロスを最小限に抑えつつ、高速通信を可能にしています。

ドコモhome5Gの速度を快適に利用し続けるコツ

ドコモhome5Gの速度を快適に利用し続けるコツ

ドコモhome5Gは、ホームルーターの中では速度実測値が速く、高速通信が可能です。

しかし、その性能を最大限に活かすためには、いくつかのコツを抑えておく必要があります。

ここでは、ドコモhome5Gの通信速度を安定させるための3つの方法をご紹介します。

定期的に端末の再起動をする

いくら高性能な通信機器を利用していても、長時間ずっと稼働していると、一時的なエラーや不具合が発生する可能性が高くなります。

ドコモhome5Gも例外ではなく、電源を入れっぱなしにしたままだと、データ処理速度が低下し、通信速度が遅くなっていきます。

利用しない時間帯には、ドコモhome5Gの電源を落としておきましょう。

ドコモhome5Gを再起動することで端末のリフレッシュ効果が見込まれ、快適な通信速度を維持し続けることが可能です。

5Gの電波を受信できる場所に設置する

ドコモhome5Gのスペックを最大限に活かすためには、5Gの電波が強く受信できる場所に端末を設置することが重要です。

そのため、家具・壁などの障害物が少ない場所や電波の入りやすい窓際に、ドコモhome5Gを設置することをおすすめします。

ドコモhome5Gの本体正面のランプの色で、受信している電波の強さが確認できます。

ドコモhome5G「HR02」の正面
引用:ドコモ公式サイト
ランプの色受信レベル
青色強い
黄色中間
赤色弱い

ドコモhome5Gは電波の受信状況によって通信速度が左右されてしまうので、5Gの電波が入りやすい場所に端末を設置してください。

5GHzのWi-Fiと接続する

ドコモhome5Gでは、2.4GHzと5GHzの2種類のWi-Fiが端末から発信されています。

どちらを選んでもインターネットに接続できますが、通信速度を快適に利用したいのであれば、5GHzのWi-Fiと接続しましょう。

周波数特徴
2.4GHz電波が遠くまで届く
壁や家具の影響を受けづらい
通信速度が遅い
家電の影響を受けやすい
5GHz通信速度が速い
家電の影響を受けづらい
電波が遠くまで届かない
壁や家具の影響を受けやすい
周波数の違いと特徴

ただし5GHzと接続すると家具などの障害物の影響を受けやすいため、状況に応じて2.4GHzのWi-Fiと使い分ける必要があります。

Wi-Fiの2.4GHzと5GHzの違いについては、こちらの関連記事に詳しくまとめました。

ドコモhome5Gを実際に利用しているユーザーの声

ドコモhome5Gの利用者からの評判

ドコモhome5Gは、光回線やモバイルWi-Fiとは異なる新しい通信サービスとして、多くのユーザーの注目を集めています。

しかし、実際に利用しているユーザーからの評判や口コミなどはどうなのでしょうか。

ここではドコモhome5Gを実際に利用しているユーザーの声に注目していきます。

ドコモhome5Gの良い評判

まずは、ドコモhome5Gが速いという声から。

いずれの速度実測値も光回線並みで、快適な通信環境であることが伺えます。

ドコモの5G回線を最大限に活かせる環境であれば、光回線を契約しなくても高速インターネットが利用できることがわかります。

\ お得なキャンペーン情報はこちら /

ドコモの5Gが電源に挿すだけで利用可能!

ドコモhome5Gの悪い評判

対する、ドコモhome5Gが遅い!という悪い評判・口コミも見てみましょう。

ドコモの5G回線は全国に展開されつつありますが、未だ4G LTEが中心のエリアもあります。

加えてモバイル回線を利用しているため、速度の安定感は光回線と比べると、どうしても見劣りしてしまうのも事実です。

ドコモhome5Gの速度が遅い場合には、こちらの記事にまとめた6つの対策を試して、速度が改善するかを検証してみてください。

ドコモhome5Gがおすすめの人

ドコモhome5Gがおすすめの人

ドコモhome5Gは、通信速度にやや不安はありますが、ライフスタイルやニーズによっては光回線以上のメリットがあります。

ここでは、ドコモhome5Gをおすすめできる人の特徴をご紹介していきます。

すぐにインターネットを使いたい人

一般的な光回線では申し込みを済ませても、開通工事が行われるため、実際に利用できるまでに数週間~数ヶ月の時間が必要となります。

今の時代、ネットが使えないのは相当不便ですよね。

しかし、ドコモhome5Gでは5G/4G LTEエリア内であれば、電源を挿すだけですぐにインターネットが利用できるようになります。

さらにスマホやモバイルWi-Fiのような通信制限もないので、光回線と同じように好きなだけインターネットを楽しむことが可能です。

異常な使い方をしている場合には、光回線と同様に速度規制が設定される場合があります。

引っ越しが多い転勤族

筆者のような転勤族で、定期的に引っ越しがある人にはドコモhome5Gがおすすめです。

ドコモの5G/4G LTEの提供エリア内であれば工事不要で、引っ越し直後からドコモhome5Gの利用を再開することができます。

光回線だと解約違約金が発生したり、引っ越し先でまた工事が必要になりますからね。

ただしドコモhome5Gを利用する住所が変わった場合には、住所変更の手続きが必要です。

住所変更の手続きをせずにドコモhome5Gを利用してしまうと、すぐに通信が止められてしまうので注意してください。

ドコモのスマホを利用している人

ドコモhome5Gはドコモのスマホとセットにすると、スマホ料金にセット割が適用されます。

料金プラン割引額
eximo-1,100円
irumo0.5GBなし
3GB-1,100円
6GB-1,100円
9GB-1,100円
5Gギガホプレミア
5Gギガホ
-1,100円
ギガホプレミア
ギガホ
-1,100円
5Gギガライト
ギガライト
~7GB-1,100円
~5GB-1,100円
~3GB-550円
~1GBなし
ドコモのセット割

1台あたり最大1,100円のセット割が最大20回線まで適用されるので、仮に家族4人が適用されたら年間52,800円もお得になるんです。

ドコモのスマホを利用している人なら、自宅のインターネット回線をドコモhome5Gにしてみてはいかがでしょうか。

格安プランのahamo(アハモ)は、セット割の対象外です。

ドコモhome5Gの速度に関するよくある質問

白い背景に略語FAQ付きの木製ブロック

ドコモhome5Gの速度に関する、よくある質問をまとめました。

ドコモhome5Gの速度は、光回線と比べてどれくらい?

5Gエリアで下りの速度であれば、光回線と同等レベルです。

ただし上りとPingの速度は遅いので、オンラインゲームには向きません。

ビルやマンションの中での速度はどう変わるの?

電波状況によって左右されるので、通信速度が遅くなる場合があります。

電波の受信状況は、端末正面のランプの色で確認できます。

ランプの色受信レベル
青色強い
黄色中間
赤色弱い

大容量のデータをダウンロードをすると速度は絞られる?

ドコモhome5Gには容量制限がないため、大容量のデータをダウンロードしても通信速度は絞られません。

ただし常識の範囲を超える容量を利用した場合には、通信速度が制限される場合があります。

まとめ

ドコモhome5Gは通信速度が速いホームルーターとして、多くのユーザーから高い評価を受けています。

特に光回線のような工事が不要で、5G回線を最大限に活かせるWi-Fi6(11ax)を搭載している点は大きな魅力と言えるでしょう。

反応速度が遅いためFPSなどのオンラインゲームには向きませんが、それ以外の用途であれば光回線と同等のスペックが発揮できます。

1日でも早くインターネットを利用したい場合や引っ越しが多い転勤族には、おすすめのインターネット回線の1つであると言えます。

\ お得なキャンペーン情報はこちら /

ドコモの5Gが電源に挿すだけで利用可能!

スポンサーリンク

ドコモhome5Gの通信速度

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアください
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次