インターネット無料のマンションISPの役割とシェア上位9社の解説

賃貸物件のオーナー

所有している賃貸物件の空室対策でインターネット無料にしたいんだけど、いったいどうすれば設備の導入ができるの?自分でやらないといけないの?

本記事を読めば、そんな疑問が解決します。

だいたい5分くらいで、読み終わります。

賃貸物件をインターネット無料にしたかったら、マンションISPと契約をしましょう。

本記事では以下のことをまとめました。

本記事の内容
  • マンションISPが対応してくれること
  • マンションISPのオススメオプション
  • シェア上位のマンションISPを解説

インターネットの知識があれば、大家さんでもインターネット無料設備の構築は可能です。

が、部屋(世帯)をまたいで利用すると、プロバイダとの規約にひっかかります。

最悪の場合には、あとから追加料金を請求されることもあります。

そんな事態にならないためにも、インターネット無料を導入するなら、マンションISPと契約することをオススメします。

本記事がオススメの人
  • インターネット無料を導入したいけど、どうしたらいいのかわからない大家さん
  • どこまでマンションISPに任せられるのか、知りたい大家さん
  • どのマンションISPと契約をすればいいのか、わからない大家さん
ひろぽん

賃貸物件をはじめ、分譲マンションにも導入しているマンションISP営業マンの僕が、本記事をまとめました。

空室対策にインターネット無料が効果的の理由は、関連記事を確認してください。

目次

マンションISPが対応してくれること

LANケーブルが接続されているHUB

インターネット無料設備の導入や運営に関して、マンションISPが一貫して対応してくれます。

そのため、大家さんはインターネット全般について、すべてマンションISPに一任しておけば問題ありません。

マンションISPが行うこと
  • インターネット無料の設備構築
  • 入居者対応
  • 通信機器の保守・メンテナンス

インターネット無料の設備構築

インターネット無料に切り替える場合には、以下の設備構築が必要となります。

  • 光回線の手配・工事管理
  • 通信機器の設置・設定
  • 配線ケーブルの工事
  • 宅内工事

これら必要な設備構築や入居者告知は、すべてマンションISPにて実施します。

仮に大家さんが独自でインターネット無料を導入するとなると、すべて大家さん1人がすべて行う必要があり、特に入居者との段取りには、多大な労力を費やすこととなります。

入居者対応

マンションISPのほとんどは、入居者向けのコールセンターを構えています。

これにより、インターネットのトラブルについても、大家さんは関与する必要はありません。

仮に大家さん個人で構築したインターネット無料の設備の場合には、入居者の対応もすべて大家さんが受け持つこととなります。

平日・土日、日中・夜間問わず、入居者からの問い合わせに追われることとなります。

通信機器の保守・メンテナンス

マンションISPは、構築した通信機器の保守・メンテナンスも執り行います。

これにより、通信機器の故障に伴う交換工事や設備更新もすべてお任せすることが可能です。

大家さん独自の設備を導入した際には、これもすべて大家さん対応。

通信機器の故障の際には、大家さん自身で機器の準備・交換を実施する必要があります。

マンションISPのオススメオプション

PCモニターに映し出されたオプションの文字

マンションISPは、インターネット無料設備の構築をはじめ、物件の付加価値をさらに高めるためのオプションも用意されています。

マンションISPの主なオプション
  • 無線LAN(Wi-Fi)
  • 防犯カメラシステム
  • IoTサービス

無線LAN(Wi-Fi)

今やインターネット無料と無線LAN(Wi-Fi)設備は、一対のサービスと言えます。

インターネットの利用者がパソコンからスマートフォンに移行しつつあるため、無線LAN(Wi-Fi)まで用意することで、インターネット無料の効果を最大限に発揮することができます。

≫ 総務省 インターネット利用端末の種類

その影響もあってか、マンションISPが提供する無線LANは、壁コンセントプレートに埋め込むタイプのものが多くなっています。

≫ 埋め込み型アクセスポイント

防犯カメラシステム

インターネット無料は、1棟全体で光回線をシェアするシステムとなります。

そのため、ウェブ対応のカメラを物件の共有部に設置することで、セキュリティ賃貸として管理会社や入居者にアピールすることも可能です。

全国賃貸住宅新聞が2020年10月に発表した最新の「人気設備ランキング」でも、防犯カメラは根強い人気を維持していました。

人気設備ランキング単身者向けファミリー向け
防犯カメラ11位8位

主に女性向け賃貸物件での導入をオススメします。

IoTサービス

マンションISPが今こぞって力を注いでいるのが、このIoTサービス。

部屋の照明やエアコンなど、リモコンで操作できるものであれば、スマートフォンから外出先からでも操作ができるようになります。

IoT機器にはインターネットが必要不可欠ですが、インターネット無料であればその問題もクリアできます。

さらには家電メーカー各社も遠隔操作のできる家電を続々とリリースしており、今後盛り上がりを見せそうな空室対策アイテムの1つです。

マンションISPのシェア率とプロバイダ

パズルのピースを持った手

実際にインターネット無料の設備を導入する際には、どこに問い合わせればいいのか?

なかなか馴染みのないマンションISPには、いったいどんな会社があるのか?

マンションISPシェア率の順に、解説します。

≫ MM総研発表 マンションISPシェア率

マンションISPのプロバイダ
  1. つなぐネットコミュニケーションズ
  2. ファミリーネット・ジャパン
  3. D.U-NET
  4. ファイバーゲート
  5. キッズウェイ
  6. イーブロードコミュニケーションズ
  7. NTTメディアサプライ
  8. ギガプライズ
  9. ブロードエンタープライズ

つなぐネットコミュニケーションズ

会社名つなぐネットコミュニケーションズ
本社東京都千代田区大手町2-2-1 新大手町ビル
ホームページhttps://www.tsunagunet.com/
資本金15億円
株主アルテリア・ネットワークス
三菱地所
東京建物
商品名U-COM光 レジデンス
U-COM光 レジデンス Five.A
e-mansion

アルテリアグループのインターネット無料のシェアNo.1のマンションISP。

株主である三菱地所や東京建物の分譲マンションをはじめ、各社分譲マンションデベロッパーの案件を中心にインターネットの提供をしています。

アルテリア・ネットワークスの光回線を利用しているため、光コラボや他社サービスのユーザーとは異なる専用回線が利用できます。

また、2020年6月より小規模アパートをターゲットとした、U-COM光 レジデンス Five.Aのリリースを開始しました。

これにより、小規模物件にも分譲マンション並みの、高品質のサービスを提供することができます。

ファミリーネット・ジャパン

会社名ファミリーネット・ジャパン
本社東京都品川区大崎二丁目11番1号 大崎ウィズタワー4階
ホームページhttps://www.fnj.co.jp/
資本金4億9千万円
株主東京電力エナジーパートナー
商品名サイバーホーム

東京電力グループのインターネット無料のシェアNo.2のマンションISP。

ライオンズマンションを企画・開発している大京と、情報通信事業者のNTT-MEが共同で立ち上げたマンションISPです。

主な提供先は分譲マンションですが、パナソニックホームズのインターネットサービス「パナホーム光」の運営も担当。

インターネット無料サービスのほか、AI対話システムやIoTサービスにも力を注いでいます。

D.U-NET

会社名D.U-NET
本社東京都新宿区西新宿6-11-3 Dタワー西新宿
ホームページhttps://www.dunet.co.jp/
資本金3000万円
株主大和リビングカンパニーズ
U-NEXT
商品名D.U-NET

大和ハウスグループのインターネット無料のシェアNo.3のマンションISP。

2013年1月より、大和リビングカンパニーズとU-NEXTの合弁会社として、設立されました。

大和リビングの管理物件に特化したマンションISPのため、導入できる物件は限られます。

ファイバーゲート

会社名ファイバーゲート
本社北海道札幌市中央区南1条西8丁目10-3 第28桂和ビル
ホームページhttps://www.fibergate.co.jp/
資本金481,773,700円
株主猪又 將哲 他
商品名FGBB
Wi-FiNex

主に北海道などの地方エリアに強い、インターネット無料のシェアNo.4のマンションISP。

テレワークに対したネットワークを構築するため、セキュリティが強化されたWi-Fiサービスも展開しています。

また、Wi-Fiルーターなどの通信機器を独自開発しているほか、観光地や商業施設などのフリーWi-Fiのシステムも展開中。

メインであるマンションISPに加えて、通信機器メーカーという側面も持つ独特のプロバイダです。

キッズウェイ

会社名キッズウェイ
本社愛知県瀬戸市山の田町155番地
ホームページhttps://www.kids-way.ne.jp/index.html
資本金1億円
株主河村電器産業
商品名あぱねっと

電気機器メーカー河村電器産業グループの、インターネット無料のシェアNo.5のマンションISP。

主にハウスメーカーが施工する新築アパートや、学生向け物件などを中心に提供されています。

西日本エリアでは、電力系通信会社の光回線を使ったサービスも展開。

また、コールセンターも24時間対応としており、夜間のトラブルにも対応することが可能です。

イーブロードコミュニケーションズ

会社名イーブロードコミュニケーションズ
本社大阪府大阪市中央区南本町2-4-6
ホームページhttps://e-broad.co.jp/
資本金1億1千万円
株主佐々木 健二
イーブロードコミュニケーション
商品名イーブロード光マンション

大阪府に本社を置く、マンションISP第6位のプロバイダ。

デベロッパーやハウスメーカーなどの新築物件ではなく、既存物件を中心にインターネット無料を提供しています。

賃貸住宅フェアには毎年出展しており、大家さんへ直接アプローチ・提案をしています。

気になる人は、賃貸住宅フェアに足を運んでみてもいいかもしれません。

NTTメディアサプライ

会社名NTTメディアサプライ
本社大阪府大阪市北区西天満4-14-3
リゾートトラスト御堂筋ビル18F
ホームページhttp://www.nttms.co.jp/
資本金1億円
株主西日本電信電話
商品名DoCANVAS

NTT西日本を株主にもつ、マンションISP第7位のプロバイダ。

マンションISPには珍しく、大阪本社しか事務所がありません。

UR賃貸住宅には、BB-WESTという月額2,280円の個別加入タイプのインターネットや、店舗向けのDoSPOTというWi-Fiスポットの提供しています。

ギガプライズ

会社名ギガプライズ
本社東京都渋谷区円山町3-6
E・スペースタワー7F
ホームページhttps://www.gigaprize.co.jp/
資本金195,310,150円
株主南角 光彦
日本トラスティ・サービス信託銀行
商品名GIGA DC
GIGA PG
PWINS(新築物件向け)
SPES(既存物件向け)

マンションISP第8位のプロバイダ。

予算に応じて4つの商品プランが選択できます。

特にGIGA DCで利用される専用回線は、昨今のネットワーク過多にマッチしたサービスです。

マンションISPに先駆けて、脱着式の埋め込みWi-Fiルーターがあることも特徴。

ただし既存向けのSPESは、電話ケーブルを利用するVDSLとなります。

VDSLの最大通信速度は100Mbpsのため、個人的にはあまりオススメできません。

ブロードエンタープライズ

会社名ブロードエンタープライズ
本社大阪府大阪市北区太融寺町5-15
梅田イーストビル9階
ホームページhttps://broad-e.co.jp/
資本金129,515,877円
株主不明
商品名B-CUBIC

マンションISP第9位のプロバイダ。

インターネットは他社と相違ないものの、ガス会社との協業や新電力を扱っている点ではおもしろい。

こちらも賃貸住宅フェアには毎年出展していますので、直接話を聞いてみてもいいかもしれません。

インターネット無料の設備は、マンションISPにお任せしましょう。

同意するビジネスマン

マンションISPとは、インターネット無料の設備を構築しているインターネットプロバイダです。

たしかに大家さん独自の設備を入れた方が、毎月の費用は削減できます。

しかしそれに伴い、入居者対応や通信機器の保守・メンテナンスなども、すべて大家さんにて対応しなければなりません。

そのため、インターネット無料の設備は、マンションISPに委託をすることで、圧倒的に大家さんの手間や時間を削減することができます。

その結果、賃貸経営に集中することができ、より上質なサービスを入居者に提供することも可能となります。

本記事が、インターネット無料の設備を導入する際に、お役に立てれば幸いです。

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアください

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる