【NURO光】開通工事が遅い理由【工事が2回もあるからです】

作業服を着たビジネスウーマン
筆者

本記事の筆者のひろぽん(@hiropon_cafe)と申します。

NURO光は一般的な光回線と比べて、開通工事までが遅いです。

質問くん

なんで工事が遅いの?
実際にどれくらいかかるの?

そんな疑問にお答えしていきます。

本記事の内容
  • NURO光の工事が遅い理由
  • 実際にNURO光の工事で待たされた期間
  • NURO光の工事が遅いときの対策

以上をまとめました。

【本記事の筆者】
光回線を利用したシステムやIoT機器を取り扱っている通信会社に勤務。
仕事で学んだ知識をブログにまとめています。自宅の光回線は、NURO光です。

※本記事の料金はすべて消費税(10%)込みです。

NURO光の工事ができない場合は、こちらの記事をどうぞ。

目次

NURO光の開通工事が遅い理由【工事が2回もあるからです】

電柱作業

NURO光の工事は、戸建てでもマンションでも、宅内工事と屋外工事の計2回行われます。

2回の工事はそれぞれ別の日に設定されるため、NURO光の工事は遅いというわけです。

一般的な光回線の工事は1回のみ。

NURO光の宅内工事と屋外工事、それぞれの工事内容を見ていきます。

1回目の宅内工事の内容

NURO光の宅内工事は、4つの工事を行います。

宅内工事の内容
NURO光 宅内工事の内容

① 光キャビネットの設置
② 光ケーブルの配線
③ 光コンセントの設置
④ ONUの設置

筆者

宅内のインターネット環境を整える工事ですね。

宅内工事が終わっても、電柱から光回線は引き込まれていないので、まだインターネットの利用はできません。

光コンセントは、電源やテレビジャックの横に設置されることが多いです。

光ローゼット
筆者

宅内工事は、どの通信会社でも行われる工事です。

2回目の屋外工事の内容

NURO光の屋外工事は、2つの工事を行います。

宅外工事の内容
NURO光 屋外工事の内容

① 電柱から光ケーブルを建物まで接続
② 光ケーブルを光キャビネットに接続

筆者

宅内に設置したONUと電柱をつなぐ工事ですね。
この工事が宅内工事と別日になるので、開通が遅いんです。

屋外工事が完了すると、いよいよNURO光が利用できるようになります。

NURO光の屋外工事は他社と違う

ノートパソコンを使う女性

NURO光は宅内工事と屋外工事が別日に設定されるため、開通までが遅いというわけです。

しかしマンションにお住まいの人は、この屋外工事の違いによって、他社にはない大きな恩恵を受けることができます。

一般的なマンションタイプの場合

一般的なマンションタイプ

電柱から建物まで、光ケーブルは1本しか引き込まれません。

そこからユーザーごとに光ケーブルを分岐しているので、建物内で通信回線が混雑しやすくなります。

筆者

建物内にユーザーがいればいるほど、混雑しやすくなります。

NURO光の場合

NURO光をマンションに引き込んだとき

電柱から建物まで、部屋ごとに光ケーブルを引っ張っています。

戸建てと同じように、あなた専用の光回線が利用できるため、他ユーザーの利用状況に左右されることはなくなります。

筆者

工事は遅いですが、その分メリットもあるわけですね。

実際にNURO光の工事にかかった日数

カレンダー

筆者は、都内23区内と神奈川県でNURO光の工事を2回経験しています。

それぞれ開通までにどれくらいかかったのかを、ご紹介します。

東京23区内だと1ヶ月半

東京23区内でNURO光を申し込んでから、開通工事までにかかった日数です。

申し込み10月8日
宅内工事10月19日
屋外工事11月18日

申し込みから宅内工事までは約2週間、屋外工事は宅内工事から約1ヶ月後でした。

筆者

申し込みから1ヶ月半での開通は、割と早い方です。

神奈川県でも1ヶ月半

神奈川県でNURO光を申し込んでから、開通工事までにかかった日数です。

申し込み5月15日
宅内工事5月24日
屋外工事7月2日

最短で5月22日(土)でも宅内工事ができましたが、土日祝の割増料金がかかるので、24日(月)に宅内工事をしてもらいました。

宅内工事は都内よりも1週間ほど短縮できましたが、屋外工事は宅内工事から1ヶ月と1週間後に予約ができました。

筆者

結果的に申し込みから開通工事までは都内と同じ1ヶ月半かかりました。

ただ、筆者の宅内工事を担当してくれた作業員さんに話を聞いたところ、同じ神奈川県でも宅内工事から屋外工事まで半年以上かかった遅いケースもあるとのこと。

申し込み時期や建物の種類によって、同じエリアでも工事期間が早い・遅いが分かれるようです。

NURO光の開通工事が遅い場合の対策

スマホを見て悩む女性(困る)

下手をすれば、NURO光は半年以上待たされます。

質問くん

そんなに待ちきれないよ!

そんなときには、3つの対策があります。

工事が遅い場合の対策
  • 別の光回線を契約する
  • NURO光からポケットWi-Fiを借りる
  • 宅内工事と屋外工事を同じ日にする

それぞれを解説します。

別の光回線を契約する

1日でも早く光回線を利用したいという人は、NURO光以外の光回線を選びましょう。

工事期間を短縮したいのであれば、光コラボ(ドコモ光やソフトバンク光)がおすすめです。

光コラボは開通工事までの目安が1〜2ヶ月なので、開通工事までの目安が1〜3ヶ月のNURO光と比べて、工事待ちの期間は短くなります。

さらにドコモ光⇔ソフトバンク光やビッグローブ光⇔楽天ひかりなどの光コラボ間の乗り換えであれば、ONU(=光回線の受信機)を交換するだけで、新しい通信会社に乗り換えることも可能です。

筆者

使っている光ケーブルが同じなので、機器を交換するだけで乗り換えられるんです。

NURO光からポケットWi-Fiを借りる

質問くん

光回線はNURO光がいい!
でも1~3ヶ月もネットなしではガマンできない!

そんな人は、NURO光がレンタルをしているポケットWi-Fiを利用しましょう。

ポケットWi-Fiのレンタルには、初月980円・2ヶ月目以降は1日32円の料金がかかりますが、NURO光の開通工事を待たずして、ネット環境を整えることができます。

もちろんポケットWi-Fiなので、NURO光ほど通信速度はでませんし、利用制限も設けられています。

ですが、NURO光の開通工事までの代替回線としてであれば、利用する価値はあると思います。

筆者

ちなみに筆者は、スマホのテザリングでやりくりしています。

宅内工事と屋外工事を同じ日にする

NURO光の開通工事を2日に分けずに、1日で終わらせてしまうことも可能です。

宅内工事と屋外工事を同じ日にまとめてしまうことで、工事間の期間を短縮させることができます。

しかし、宅内工事と屋外工事を同日にまとめるには、3つの条件があります。

NURO光の開通工事を1日にまとめる条件
  • 5,500円の追加料金を支払う
  • 関東エリアである
  • 戸建てである

マンションにお住まいの人や関東エリア以外の人は、同日工事を依頼することができません。

筆者

同日工事ができる場合でも、午前中に宅内工事・午後に屋外工事があるので、終日在宅している必要があります。

まとめ:NURO光の工事は遅い

NURO光は一般的な光回線と比べて、申し込みから開通工事までは遅いです。

場合によっては他社よりも、1ヶ月以上待たされることも覚悟しておきましょう。

しかし待たされた分、開通工事後にはどこよりも速い通信速度でインターネットが利用できることになります。

筆者

NURO光は、確かに開通工事まで遅いです。
でも、通信速度が他社より圧倒的に速いので、おすすめの光回線ですよ。

そんなNURO光は、オトクなキャッシュバックキャンペーンもやっています。

筆者

ぜひ関連記事も参考にしてくださいね。

作業服を着たビジネスウーマン

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアください

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる