【最新】5Gがあれば光回線はいらない?2つの回線を徹底比較!

当ページのリンクには広告が含まれています。
5Gがあれば光回線はいらない?

5Gの対応エリアも広がってきている状況で、もう光回線はいらないのでは?という声もチラホラ聞こえてくるようになりました。

確かに5Gは将来的に最大20ギガが利用できるようになるなど、現状の光回線のスペックを大きく超える可能性があります。

しかしながら、現状の5Gのスペックを見てみると、まだまだ光回線には遠く及ばず、光回線がいらないという状況にはありません。

そこで通信会社に勤める筆者が、5Gと光回線の違いや特徴を本記事でまとめ、どっちと契約した方がいいのかを解説していきます。

本記事を読めば、5Gと光回線のどっちがあなたにピッタリなネット回線なのかを確認することができるでしょう。

目次

5Gがあれば光回線はいらない?

5Gがあれば光回線はいらない?

現在、5Gはまだまだ過渡期になるため、光回線がいらなくなるとは言えません。

その証拠に、5Gで在宅勤務やオンラインゲームに対応しようとした際に、様々な問題点があることが確認できました。

そこで、5Gがあっても光回線が不要にならない理由についてご紹介していきます。

5Gはエリアが限定されている

ここ数年間で5Gの対応エリアは驚くほど広くなりましたが、日本中どこでも5Gが利用できるようになったわけではありません。

さらに、現在主流の5Gは4G LTEの改良版である「Sub6」のため、5G本来の「ミリ波」が利用できる場所はごくわずかとなっています。

5G ミリ波とSub6の違い
  • ミリ波の特徴
    • 高速通信
    • 低遅延(ラグが少ない)
    • 多接続
  • Sub6の特徴
    • 電波強度が強い
    • 4G LTEの設備が利用できる
    • 通信速度はそこまで速くない

そのため、光回線を超える5Gが利用できるようになるためには、まだまだ相当な時間がかかることが予想されます。

その根拠として、5G対応のスマホのほとんどがSub6に対応していながらも、ミリ波に対応した機種はごく少数しかありませんでした。

5Gは使用量が多いと速度制限される

5G対応のスマートフォンでは、料金プランによって利用できる通信量が決められています。

ホームルーターやモバイルWi-Fiの使い放題プランを利用している場合でも、直近3日間のデータ利用量が多かった場合には速度が絞られます。

当日を含む直近3日間のデータ利用量が特に多いお客さまは、それ以外のお客さまと比べて通信が遅くなることがあります。

引用元:ドコモhome5G 公式サイト

そのため、光回線と同じように大容量のデータ通信を繰り返していると、突然インターネットが利用できなくなるんですよね。

実際に在宅勤務でモバイルWi-Fiを利用した時、突然利用ができなくなって、その後は仕事もまともにできなくなってしまいました。

5Gより光回線の方が速度は速い

将来的に5Gの通信速度は、最大20ギガまで速くなると言われています。

しかし、5G対応のホームルーターと光回線の実際の通信速度を調べてみると、まだまだ光回線の方が速いことがわかります。

速度ホームルーター光回線
下り
(ダウンロード)
177.2Mbps378.6Mbps
上り
(アップロード)
21.1Mbps383.4Mbps
Ping
(反応速度)
48.0ms17.3ms
5G対応のホームルーターと光回線の速度比較

※参照サイト:みんなのネット回線速度
※Pingは、数値が低い方が速い

下りの速度は5Gでもだいぶ速くなってきましたが、上りとPingの速度を比べてみると、光回線の方が圧倒的に速いんですよね。

そのため、現状では5Gの提供エリアにお住まいだとしても、在宅勤務やオンラインゲームに快適さを求めるなら光回線が必要となります。

5Gと光回線はどっちがおすすめ?

5Gと光回線はどっちがおすすめ?

5Gと光回線のどっちがおすすめなのかは、インターネットを利用する目的や環境によって異なります。

5Gと光回線のどっちを選べばいいのかわからないという人は、ぜひ参考にしてみてください。

5Gの利用をおすすめする人

光回線よりも5Gの利用がおすすめの人は、以下の通りです。

5Gの利用がおすすめの人
  • 外出先でも利用したい
  • すぐにネットを利用したい
  • 光ファイバーが引き込めない

5Gの最大の特徴は、契約直後からすぐに利用できることが挙げられます。

さらに場所を問わずに利用できるため、出張先や旅行先でも利用することができます。

ホームルーターの場合には、登録した住所以外では利用できません。

また、光ファイバーが引き込めない建物だった場合には、光回線でも通信速度が極端に遅くなるので、5Gの利用をおすすめします。
(参照:VDSLの通信速度について

光回線の契約がおすすめの人

5Gよりも光回線の利用がおすすめの人は、以下の通りです。

光回線の利用がおすすめの人
  • 在宅で仕事をする機会が多い
  • オンラインゲームをプレイする
  • 家族みんなでネットを利用する

光回線の最大の特徴は、大容量のデータ通信にも対応できることが挙げられます。

さらに、データ容量の上限もないので、好きなだけ使っても速度が遅くなりません。

P2Pのソフトを利用し、長時間の通信を繰り返している場合には、速度が制限される可能性があります。

特に在宅勤務やオンラインゲームでは、大量のデータ通信を行うことになるので、5Gよりも光回線の利用をおすすめします。

おすすめの5Gホームルーター

おすすめの5Gホームルーター

5Gを利用するなら、通信速度が安定している5G対応のホームルーターがおすすめです。

そこで、各キャリアの5G対応ホームルーターの特徴について、詳しく解説していきます。

ドコモhome5G

ドコモhome5Gの公式サイト
出典:ドコモhome5G
提供会社NTTドコモ
端末HR02
無線LAN規格Wi-Fi6(11ax)
速度実測値下り:172.05Mbps
上り:19.09Mbps
Ping:53.01ms
端末代金71,280円(実質無料)
月額料金4,950円
契約期間なし
セット割ドコモ
公式特典端末代金実質無料
15,000pt
ドコモhome5Gの概要

お使いのスマホキャリアがドコモであれば、ドコモhome5Gの利用がおすすめです。

home5Gとドコモのスマホをセットで利用すれば、毎月のスマホ料金から最大1,100円の割引が適用されるようになります。

料金プラン割引額
eximo-1,100円
irumo0.5GBなし
3GB-1,100円
6GB-1,100円
9GB-1,100円
ドコモのセット割

さらに、ドコモhome5Gではドコモの安定した5G回線が利用できるので、インターネットを快適に安心して利用することができるでしょう。

\ お得なキャンペーン情報はこちら /

ドコモの5Gが電源に挿すだけで利用可能!

ドコモhome5Gの評判や口コミについては、以下の関連記事をご確認ください。

WiMAX

UQ WiMAXの公式サイト
出典:
提供会社KDDI
端末Speed Wi-Fi HOME 5G L13
無線LAN規格Wi-Fi6(11ax)
速度実測値下り:158.64Mbps
上り:25.48Mbps
Ping:43.77ms
端末代金27,720円
月額料金4,950円
契約期間24ヶ月
セット割au
UQモバイル
公式特典端末代金割引
月額料金割引
UQ WiMAXの概要

お使いのスマホキャリアが、auもしくはUQモバイルであれば、WiMAXがおすすめです。

WiMAXとau/UQモバイルをセットで利用すれば、毎月のスマホ料金から最大1,100円の割引が適用されるようになります。

au割引額
使い放題MAX 5G/4G-1,100円
auマネ活プラン-1,100円
auミニプラン 5G/4G-550円
auのセット割
UQモバイル割引額
トクトクプラン-1,100円
ミニミニプラン-1,100円
UQモバイルのセット割

さらに、WiMAXのホームルーターはauの5Gにも対応しているため、幅広いエリアで5Gを利用することができるでしょう。

\ 公式オンラインショップはこちら /

auとUQモバイルがセット割でお得!

ソフトバンクエアー

ソフトバンクエアーの公式サイト
出典:
提供会社ソフトバンク
端末ターミナル5
無線LAN規格Wi-Fi6(11ax)
速度実測値下り:113.73Mbps
上り:11.0Mbps
Ping:45.81ms
端末代金71,280円(実質無料)
月額料金5,368円
契約期間36ヶ月
セット割ソフトバンク
ワイモバイル
公式特典端末代金実質無料
月額料金割引
ソフトバンクエアーの概要

ソフトバンクもしくは、ワイモバイルを利用していれば、5Gのホームルーターはソフトバンクエアーがおすすめです。

ソフトバンクエアーとソフトバンク/ワイモバイルをセットで利用すると、毎月のスマホ代に割引が適用されます。

料金プラン割引額
ペイトク無制限-1,100円
メリハリ無制限+-1,100円
ミニフィットプラン+-1,100円
シンプル2 S-1,100円
シンプル2 M/L-1,650円
ソフトバンク/ワイモバイルのセット割

ただし、ソフトバンクエアーは通信速度が遅いとネット上で騒がれているので、オンラインゲームには対応できないと思っておきましょう。

\ ウェブでの申し込みはこちら /

ソフトバンク/ワイモバイルがセット割でお得!

ソフトバンクエアーの評判や口コミについては、以下の関連記事をご確認ください。

おすすめの光回線

おすすめの光回線

在宅勤務やオンラインゲームにも対応できるインターネット回線を探しているなら、5G回線よりも光回線の方が断然おすすめです。

そこで、通信速度が安定していると評判の高いおすすめの光回線をご紹介していきます。

NURO光

NURO光の公式サイト
出典:
運営会社ソニーネットワーク
コミュニケーションズ
光回線の種類専有型(独自回線)
提供エリア北海道、宮城、東京、
神奈川、埼玉、千葉、
茨城、栃木、群馬、愛知、
静岡、岐阜、三重、大阪、
兵庫、京都、滋賀、奈良、
広島、岡山、福岡、佐賀
速度実測値下り:622.85Mbps
上り:620.21Mbps
Ping:11.02ms
月額料金ファミリー:5,200円
マンション:2,090円~
契約期間36ヶ月
セット割ソフトバンク
NUROモバイル
特典工事費実質無料
月額料金割引
キャッシュバック
他社違約金補てん
NURO光の概要

NURO光は、独自の光ファイバーを利用しているため、通信速度の速さに定評があります。

実際に私もNURO光を使っていますが、在宅勤務でビデオ会議に参加していても、非常に快適に商談を進めることができています。

さらにPing値も非常に速いことから、オンラインゲームでもラグの影響が受けづらく、プレイに集中できる環境が整うことでしょう。

\ 公式特設サイトはこちら /

今なら60,000円のキャッシュバック!

NURO光の評判や口コミを知りたい人は、以下の関連記事をご確認ください。

auひかり

auひかり公式サイト
引用:auひかり
運営会社KDDI
光回線の種類専有型(独自回線)
提供エリア北海道・青森・秋田・岩手
山形・宮城・福島・東京
神奈川・千葉・埼玉・群馬
茨城・栃木・新潟・長野
山梨・石川・富山・福井
鳥取・岡山・島根・広島
山口・香川・徳島・愛媛
高知・大分・宮崎・福岡
熊本・佐賀・長崎・鹿児島
速度実測値下り:525.19Mbps
上り:522.31Mbps
Ping:14.61ms
月額料金ファミリー:5,610円
マンション:3,740円~
契約期間ファミリー:36ヶ月
マンション:24ヶ月
セット割au
UQモバイル
特典工事費実質無料
 ※光電話加入が条件
キャッシュバック
他社違約金補てん
auひかりの概要

auひかりもNURO光と同様に、独自の光ファイバーが利用された光回線です。

そのため、共有回線のドコモ光やソフトバンク光と比べても通信速度が速く、快適に在宅勤務やオンラインゲームも対応できるでしょう。

ただし、マンションなどの集合住宅で利用する場合には、料金プランによって最大通信速度が異なるので注意が必要です。

\ お得なキャンペーン情報はこちら /

au独自の光ファイバーだから速度が速い!

auひかりマンションタイプの詳細については、以下の関連記事をご確認ください。

地域限定の電力系光回線

西日本エリアでは、地域限定で電力会社が所有する独自の光ファイバーが利用できる「電力系光回線」が提供されています。

提供エリア電力系光回線
東海コミュファ光
関西eo光
中国メガ・エッグ光
四国ピカラ光
九州BBIQ光
電力系光回線の詳細

NURO光やauひかりと同様に、独自の光ファイバーを利用できるため、回線混雑などの影響を受けづらく、通信速度が安定しています。

そのため、在宅勤務やオンラインゲームにも十分対応することができ、快適なインターネット環境を整えることができるでしょう。

ただし電力系光回線は、明確に提供エリアが区分けされているため、引越しが多い転勤族にはあまりおすすめできません。

電力系光回線について詳しく知りたい人は、以下の関連記事をご確認ください。

よくある質問

5Gと光回線について、よくある質問をまとめてみました。

一人暮らしだったら、光回線でなくても5Gで対応可能ですか?

利用目的によって異なります。

ウェブサイトの閲覧やネット動画の視聴であれば、5Gでも対応できます。しかし、在宅勤務やオンラインゲームであれば、光回線の方がおすすめです。

5Gと光回線の料金は、どっちがお得に利用できますか?

相対的に、戸建てタイプであれば5Gの方が月額料金は安いです。一方、マンションタイプであれば、光回線の方がお得に利用できます。

5Gと光回線であれば、どっちが通信が安定しますか?

モバイル回線の5Gでは、周辺エリアの環境の影響を受けやすく、通信が安定しないことがあります。

一方の光回線では、基地局から自宅まで有線接続されるため、5Gよりも遥かに通信が安定しています。

5G対応のホームルーターと光回線を選択する基準はなんですか?

利用できるまでの期間や場所を問わずに利用したい場合には、5G対応のホームルーターを利用しましょう。

逆に、通信の品質や安定性、大容量のデータ通信を求めるなら、光回線の利用がおすすめです。

毎月の費用を抑えるために、テザリングで代用できますか?

確かにスマホの料金だけでインターネットが利用できますが、使い放題プランでもテザリングには、データ容量に制限が設けられています。

さらに通信の安定性が低く、テザリングのたびに設定をする必要があるため、非常に手間がかかります。

まとめ

本記事では、5Gと光回線について比較をし、本当に5Gがあれば光回線はいらないのか?という疑問にお答えしてきました。

5Gと光回線のメリット
  • 5Gのメリット
    • すぐに利用できる
    • 立ち会い工事が不要
    • どこでも利用できる
  • 光回線のメリット
    • 通信が安定している
    • 大容量の通信にも対応できる
    • どれだけ使っても速度制限がない

5Gと光回線には、それぞれメリット・デメリットが存在するため、利用目的に応じて使い分ける必要があります。

ウェブサイトの閲覧やネット動画の視聴が主な目的であれば、5G対応のホームルーターでも快適に利用できるでしょう。

対して、在宅勤務やオンラインゲームでの利用を目的としているのであれば、通信が安定している光回線がおすすめです。

スポンサーリンク

5Gがあれば光回線はいらない?

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアください
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次