NURO光とドコモ光はどっちがおすすめ?口コミや評判から徹底比較!

当ページのリンクには広告が含まれています。
NURO光とドコモ光

NURO光とドコモ光なら、どっちがおすすめなの?

そんな疑問にお答えします。

通信速度が2Gbpsの「NURO光」と、大手スマホキャリアのドコモが運営する「ドコモ光」。

どっちも魅力的な光回線ですが、2年もしくは3年間の縛りがつくので、1度契約するとなかなか解約することができません。

長期契約が前提なので、本当に自分に合っている光回線なのか気になりますよね?

そこであなたにピッタリな光回線は、NURO光なのかドコモ光なのかを判断してもらうため、本記事で2つの回線を比較しました。

本記事がおすすめの人
  • NURO光とドコモ光で悩んでいる
  • 通信速度や料金をちゃんと比較したい
  • 利用中のユーザーの声が気になる

自宅のネット回線をNURO光もしくはドコモ光で決めかねている人は、ぜひ最後まで本記事にお付き合いいただけたらと思います。

アバター

この記事を書いた人:ひろぽん

通信業界歴15年の副業ブロガー。光回線やIoT機器などを提案中。本ブログは、忖度なしに色々なサービスをレビューしています。

目次

NURO光とドコモ光の速度比較

デジタルネットワーク

まず初めに、NURO光とドコモ光の通信速度について比較していきます。

最大通信速度を比較

NURO光とドコモ光は、どっちも光ファイバーを利用したインターネット接続サービスです。

しかし独自回線を利用しているNURO光に対し、ドコモ光はNTTのフレッツ光が利用されているため、最大通信速度が異なります。

回線下り上り
NURO光2Gbps1Gbps
ドコモ光1Gbps1Gbps

ただし光回線はベストエフォートでの提供のため、実際に最大通信速度でインターネット接続ができるわけではありません。

ベストエフォートとは?
速度や品質において最大限の努力は約束されているものの、それが保証されるものではないという意味。

そのため通信速度を比較するのであれば、実際に測定した実測値が重要になります。

速度実測値での比較

速度実測値を調べるには、実際にNURO光もしくはドコモ光を契約し、速度測定サイトでそれぞれの速度を調べることになります。

しかし2つの光回線を同時に契約するのは2重のコストがかかることに加え、それであればどっちで契約するかを悩む必要はありません。

そこで本記事では、NURO光もしくはドコモ光のユーザーが実際に測定したデータを収集しているサイトの数値を参考にすることにします。

回線下り上りPing
NURO光568Mbps513Mbps11ms
ドコモ光273Mbps235Mbps20ms
参考:みんなのネット回線速度

この結果、実測値でもドコモ光よりNURO光の方が通信速度が速いことがわかりました。

その理由として、ドコモ光は他社通信会社と光回線を共有しているため、どうしてもユーザー数が多くなってしまいます。

1つの光回線にユーザーが多ければ多いほど、混雑を起こしやすくなるので、通信速度は遅くなりやすい傾向になります。

対するNURO光は独自の光回線を利用しているため、他社回線を利用しているユーザーの影響を全く受けないという特徴があります。

さらにNURO光は最新の「G-PON」という通信方式を採用しているため、通信速度が遅くなりづらいことも特徴の1つです。

ドコモ光が遅いというわけではなく、NURO光が速すぎるという感じですね。

筆者の自宅で実際にNURO光の速度を測定した結果は、こちらの記事で確認できます。

NURO光とドコモ光の料金比較

費用を計算している男性

次にNURO光とドコモ光の料金やスマホセット割、キャッシュバックの比較をします。

月額料金の比較

NURO光とドコモ光で設定されている、月額料金を比較してみましょう。

回線戸建てマンション
NURO光
2ギガ
5,200円
3年契約
2,090円~
3年契約
NURO光
10ギガ
5,700円
3年契約
2,640円~
3年契約
ドコモ光
1ギガ
5,720円
タイプA
4,400円
タイプA
ドコモ光
10ギガ
6,380円
タイプA
6,380円
タイプA

一見すると月額料金は、ドコモ光よりもNURO光の方が、戸建て・マンションともに料金設定は安くなっている感じます。

しかし残念ながら「NURO光 for マンション」が導入されている建物は少なく、集合住宅にお住まいであっても、ほとんどの場合では戸建てタイプでの契約となってしまいます。

筆者もマンションに住んでいますが、NURO光の戸建てタイプで契約しています。

対するドコモ光で利用されている光回線はフレッツ光になるため、マンションタイプが利用できない場合は基本的にはありません。

その結果、集合住宅にお住まいの場合には、NURO光よりもドコモ光の方が安く利用できる場合が多いと言えます。

初期費用を比較

NURO光とドコモ光では、サービスを利用する前に必ず開通工事が行われます。

開通工事の費用については、NURO光とドコモ光では以下の料金が設定されています。

回線戸建てマンション
NURO光44,000円44,000円
ドコモ光19,800円16,500円

しかしNURO光とドコモ光では、入会キャンペーンの1つに工事費無料が適用されるため、工事費を負担することはありません。

ただし、NURO光とドコモ光では工事費が無料という同じ扱いであっても、途中解約の場合には工事費の扱いに違いがあります。

NURO光(実質無料)途中解約の場合には、工事費が発生する
ドコモ光(完全無料)いつ解約しても、工事費は発生しない

契約期間を満了できるならどっちも工事費は無料になりますが、途中解約の可能性がある場合にはNURO光の方が負担が大きくなります。

なお契約事務手数料については、NURO光もドコモ光も変わりません。

NURO光3,300円
ドコモ光3,300円

スマホセット割の比較

NURO光とドコモ光は、特定のスマホキャリアとセットにすることで、スマホ料金に割引が適用されます。

NURO光ソフトバンク
NUROモバイル
ドコモ光ドコモ

ただしセット割を適用させるには、いくつか条件があるため、事前に確認しておきましょう。

NURO光のスマホセット割

NURO光では、ソフトバンクもしくはNUROモバイルとセットにすることで、スマホ料金に割引が適用されます。

キャリア割引額
ソフトバンク550~1,100円
NUROモバイル792円
1年間限定

※LINEMOはセット割の対象外

ただしソフトバンクのスマホセット割の適用には、以下2つの条件が必要になります。

  • NURO光でんわのオプション加入
  • セット割対象のスマホプラン
  • ソフトバンクショップへの申請

NURO光とソフトバンクのスマホセット割については、関連記事にまとめました。

対するNUROモバイルのセット割にも、以下の条件が必要となります。

  • NURO光とNUROモバイルの同時申込
  • セット割対象のスマホプラン
  • 専用サイトでの申し込み

NURO光とNUROモバイルのセット割については、関連記事で詳しくまとめました。

ドコモ光のスマホセット割

対するドコモ光は、ドコモスマホとセットにすることで、スマホ料金が割引されます。

キャリア割引額
ドコモ550~1,100円

※ahamoはセット割対象外

ドコモ光の場合もセット割の適用には、以下の条件を満たしておく必要があります。

  • ドコモ光とスマホをペア回線にする
  • セット割対象のスマホプラン

ただしドコモ光の場合は、ドコモスマホとセットにするだけで割引が適用されるので、ドコモ光電話を契約する必要はありません。

キャッシュバックの比較

NURO光とドコモ光では、入会特典としてキャッシュバックが用意されています。

ただドコモ光の場合は申し込み先が公式サイト以外にも複数あり、代理店や時期によってキャッシュバックの金額がマチマチです。

そのため本記事では、NURO光とドコモ光の公式サイトで設定されているキャッシュバックの金額で比較をしていきます。

回線キャッシュバック
NURO光45,000円
ドコモ光20,000pt
ドコモポイント

NURO光では本体契約のみで、現金45,000円を受け取ることができます。

ただしNURO光が開通してから6ヶ月ほど待たされ、受け取り申請を忘れるとキャッシュバックがもらえなくなります。

対するドコモ光では、開通4ヶ月後にドコモポイント20,000ptが付与されます。

NURO光のように申請は不要ですが、現金では受け取れず、さらに6ヶ月以内に消化しないとポイントが消滅してしまいます。

キャッシュバックを現金でもらいたいなら、代理店での申し込みがおすすめですね。

NURO光とドコモ光の提供エリアの比較

日本地図とネットワークのイメージ

NURO光とドコモ光の提供エリアを比較していきます。

NURO光の提供エリア

NURO光が利用できるエリアは、2ギガプランも10ギガプランも一部地域に限られています。

2ギガプランの提供エリア

北海道北海道
東北宮城 ※10ギガのみ
関東東京・神奈川・埼玉・千葉・群馬・栃木・茨城
東海愛知・静岡・岐阜・三重
関西大阪・兵庫・京都・滋賀・奈良
中国広島・岡山
九州福岡・佐賀
NURO光の提供エリア

※一部地域では利用できない場合があります。

NURO光の2ギガプランは、大都市圏を中心に全21都道府県で提供されています。

ただし東北エリアや四国エリアなどでは、未だNURO光を利用することができません。

10ギガプランの提供エリア

北海道北海道
東北宮城県
関東東京都・神奈川県・埼玉県・千葉県
東海愛知県・静岡県・岐阜県・三重県
関西大阪府・兵庫県・京都府・滋賀県・奈良県
中国岡山県
九州福岡県・佐賀県
【NURO光】10ギガプランの提供エリア

※一部地域では利用できない場合があります。

NURO光の10ギガプランでは、提供エリアに宮城県が加わりました。

しかし、群馬県・栃木県・茨城県・広島県は、提供エリアから外れてしまいました。

ドコモ光の提供エリア

ドコモ光の提供エリアを確認していきます。

1ギガプランの提供エリア

ドコモ光は上位回線にフレッツ光を利用しているため、全国どこでも利用ができます。

場所を問わずに利用ができる点では、NURO光よりもドコモ光の方が優れています。

10ギガプランの提供エリア

ドコモ光は、上位回線にフレッツ光クロスが利用されているため、提供エリアもフレッツ光クロスと同じ地域になります。

ファミリータイプの提供エリア
東日本東京・神奈川・千葉・埼玉
北海道・宮城・新潟
西日本愛知・静岡・岐阜・三重
大阪・和歌山・京都・滋賀・兵庫
フレッツクロスの提供エリア
マンションタイプの提供エリア
東日本東京・神奈川・千葉・埼玉
西日本大阪市・名古屋市の一部
マンションタイプの10ギガ提供エリア

フレッツ光クロスの提供エリアは順次拡大を予定しているようですが、拡大時期やエリアについては現在も未定です。

NURO光とドコモ光の開通するまでの期間を比較

光回線の工事

NURO光とドコモ光の開通するまでに要する期間を比較していきます。

NURO光の開通までの期間

戸建て1~3ヶ月
マンション1~4ヶ月
NURO光の開通までの期間

NURO光は開通するまでに、宅内工事と屋外工事の2回の工事が別々に行われます。

関東+戸建てであれば追加料金を払うことで同日工事も可能ですが、基本的には宅内工事が完了した後に屋外工事が実施されます。

宅内工事:NURO光の工事
屋外工事:NTTの工事

そのため、開通するまでの期間は1~4ヶ月と長く、場合によっては半年以上もかかる場合があるようです。

筆者の場合は、1ヶ月半で開通することができました。

また、NURO光 for マンションが導入されていない集合住宅では、オーナーや管理会社に工事承諾を取る必要があります。

工事承諾がもらえない場合には、NURO光の工事がNGとなり、利用することができません。

ドコモ光の開通するまでの期間

新規申し込み2週間~1ヶ月
乗り換え1~2週間
ドコモ光の開通までの期間

ドコモ光が開通するまでの期間は、光回線の工事が行われる場合には、2週間から1ヶ月程度が必要となります。

しかし他社光コラボ回線からの乗り換えであれば、機器の交換だけで工事が完了するため、1~2週間程度で乗り換え工事が完了します。

前に住んでいた入居者がフレッツ光もしくは光コラボを利用していた場合には、機器の取り付けだけで工事が完了する場合もあります。

NURO光とドコモ光の評判と口コミを比較

カスタマーレビューの満足度

NURO光とドコモ光のそれぞれの評判と口コミを見ていきます。

NURO光の評判と口コミ

https://twitter.com/ziruziru1976/status/1646494739087368192?s=46&t=3B-tsW7pH2GjJ1y1l0Wxvw
https://twitter.com/re_itoumikan/status/1645002096444588035?s=46&t=3B-tsW7pH2GjJ1y1l0Wxvw
NURO光の評判・口コミのまとめ
  • 通信速度が圧倒的に速い
  • Wi-Fiルーターが無料で借りられる
  • コアタイムの速度が遅くなった
  • パケロスが酷くてゲームができない
  • 開通までの期間が長すぎる

筆者はNURO光を利用していますが、速度が遅いと感じたことはありません。

ただ、回線がパンクしているエリアもあるようで、コアタイムに使えない・パケロスが酷いという口コミが多いのも事実です。

ドコモ光の評判と口コミ

https://twitter.com/maruttekoto/status/1645770976817479680?s=46&t=3B-tsW7pH2GjJ1y1l0Wxvw
https://twitter.com/miayyy1203/status/1629246740510674944?s=46&t=3B-tsW7pH2GjJ1y1l0Wxvw
ドコモ光の評判・口コミのまとめ
  • 通信が安定している
  • サポートが丁寧で神対応
  • プロバイダによっては速度が遅い
  • ネットに繋がらない時がある
  • 10ギガだと光電話が使えない

ドコモ光もNURO光と同様に、通信速度が遅いなどの評判や口コミが目立ちます。

ただし使用している通信機器やネットワーク環境に左右されることも多いため、一概にドコモ光が悪いとは言い切れないことも事実です。

NURO光とドコモ光でおすすめはどっち?

AとBで迷う人たち

あなたにとって、NURO光とドコモ光はどっちがおすすめなのでしょう。

それぞれのタイプ別におすすめできる人の特徴をご紹介していきます。

NURO光がおすすめの人

  • 通信速度を重視する人
  • NURO光 for マンションが導入されている建物に住んでいる人
  • スマホキャリアがソフトバンクの人

頻繁にテレワークやネットゲームをするなら、通信速度が速いNURO光がおすすめです。

独自の光回線を利用し、最新の通信方式が採用されているため、夜間や休日などのコアタイムでも通信速度が安定しています。

筆者の自宅でも、通信速度の実測値が500Mbpsと超高速で利用ができています。

また、ソフトバンクやNUROモバイルとセットにすると、スマホ料金がお得になります。

ドコモ光がおすすめの人

  • 転勤などで引越しが多い人
  • 他社光コラボ回線を利用中の人
  • スマホキャリアがドコモの人

引越しが多い転勤族や他社光コラボ回線からの乗り換えであれば、ドコモ光がおすすめです。

ドコモ光ではフレッツ光が利用されているため、全国どこでも利用することができます。

また、他社光コラボ回線を利用中であれば、機器の交換だけでドコモ光に乗り換えることも可能です。

集合住宅であれば、料金が格安なマンションタイプを利用することもできます。

またドコモのスマホとセットにすることで、1台あたり最大1,100円の割引が適用されます。

まとめ

NURO光とドコモ光の比較結果をまとめます。

NURO光ドコモ光
回線独自回線フレッツ光
速度下り:568Mbps
上り:513Mbps
下り:273Mbps
上り:235Mbps
料金戸建て:5,200円
マンション:2,090円~
戸建て:5,720円
マンション:4,400円
エリア一部地域全国
開通期間1~4ヶ月1ヶ月程度
セット割対象ソフトバンク
NUROモバイル
ドコモ
公式サイト
NURO光とドコモ光の比較

NURO光とドコモ光を比較した結果、どっちの回線にもメリット・デメリットがあるため、一様にこっちがおすすめ!とは断言できません。

通信速度にこだわりがあったり、ソフトバンクやNUROモバイルを利用していれば、NURO光の方がおすすめと言えます。

しかし転勤族のサラリーマンや他社光コラボ回線を利用中だったり、ドコモスマホのユーザーであれば、ドコモ光の方がおすすめです。

NURO光とドコモ光で迷っているなら、ぜひ本記事を読み直し、あなたにピッタリな光回線を見つけてくださいね。

契約期間に縛られたくない!もっと安い光回線を見つけたい!という人は、こちらの記事もおすすめですよ。

スポンサーリンク

NURO光とドコモ光

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアください
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次