NURO光の速度実測値を公開|自宅で測定した結果は爆速でした

NURO光の速度実測値

ここ最近、NURO光の通信速度が急激に遅くなったという口コミが増えてきました。

口コミによると、特に夜間・深夜の時間帯の速度がとても遅く、APEXなどのネットゲームがまともにできないようです。

しかしNURO光を使っている筆者の自宅では、速度が遅くなったという実感もなく、今までどおりに快適に利用できています。

そこで本当にNURO光の速度が遅くなっているのかを確認するため、時間帯別に通信速度の実測値を測定してみました。

NURO光を契約しようか迷っている人は、ぜひ本記事を参考にしていただけたらと思います。

\ 公式サイトはこちら /

【 筆者のプロフィール 】
印刷会社・印刷機材のメーカーを経て14年間、通信会社で働いています。
本ブログでは、ネット回線の選び方・ネット環境の改善方法をまとめています。

目次

NURO光の速度実測値の測定結果

スマートフォンで速度チェック

それでは早速、NURO光の速度実測値を測定した結果を公開していきます。

NURO光の速度実測値を測定した環境は、以下の通りです。

測定場所横浜市内
契約プランG2Vプラン
測定機器iPhone13Pro
ONU型番ZXHN F660A
接続周波数5GHz
測定サイトFast.com
速度実測値の測定環境

また速度実測値の目安として、各コンテンツに必要な通信速度もお伝えしておきます。

コンテンツ必要な速度
ウェブ閲覧10Mbps
動画視聴(4K)30Mbps
Web会議30Mbps
オンラインゲーム100Mbps
コンテンツごとの必要な速度
筆者

100Mbps以上の実測値が出ていれば、どんなコンテンツでも快適に利用することができます。

NURO光の下りの速度実測値

NURO光の下り(ダウンロード)の速度実測値の測定結果です。

6時590Mbps
10時460Mbps
12時520Mbps
14時630Mbps
16時510Mbps
19時520Mbps
23時620Mbps
25時510Mbps
NURO光の下りの速度実測値

NURO光の速度実測値を測定した結果、筆者の自宅ではまったく問題がありませんでした。

平均実測値は500Mbpsを上回っているので、実際の使用感も快適に利用できています。

筆者

Zoomなどのビデオチャットでも、こちらが原因で固まることはありません。

NURO光の上りの速度実測値

NURO光の上り(アップロード)の速度実測値の測定結果です。

6時480Mbps
10時400Mbps
12時330Mbps
14時470Mbps
16時480Mbps
19時460Mbps
23時450Mbps
25時480Mbps
NURO光の上りの速度実測値

NURO光の上りの速度実測値も確認しましたが、下りの実測値と同様にかなり速いことがわかりました。

テレワークやネットゲームでも、ストレスをまったく感じないレベルと言えます。

筆者

ネット上にデータを頻繁にアップすることが多い人は、上りの速度にも注意しておきましょう。

NURO光の反応速度の実測値

最後に、NURO光の反応速度(レイテンシ)の測定結果です。

レイテンシは数値が低ければ低いほど、反応速度は速いことを意味しています。

アンロード済みロード済み
6時5ms22ms
10時5ms21ms
12時7ms19ms
14時5ms21ms
16時5ms32ms
19時5ms19ms
23時5ms19ms
25時6ms30ms
NURO光の反応速度
アンロード済みとロード済みの違い

アンロード済み:自分ひとりでNURO光を利用できるときの反応速度。

ロード済み:複数の端末でNURO光を利用しているときの反応速度。

NURO光を単身で利用するか、家族で利用するのかによって、反応速度が変わります。

特にFPSのようなラグが命取りになるネットゲームをやるのであれば、レイテンシの数値も気にかけておきましょう。

筆者

ラグを感じないのは、20ms以下と言われています。

\ 公式サイトはこちら /

NURO光とソフトバンク光の速度実測値を比較

競技場のトラックで高速浮上をしている男性

NURO光とソフトバンク光の速度実測値を比較するため、実家のソフトバンク光を測定しました。

ソフトバンク光の測定条件は以下の通りです。

測定場所千葉市内
契約プランファミリー・ギガスピード
測定機器iPhone13Pro
Wi-FiルーターE-WMTA2.3
接続周波数5GHz
測定サイトみんネット回線速度
ソフトバンク光の速度実測値の測定環境

下りの速度実測値を比較

NURO光とソフトバンク光の下り(ダウンロード)の速度測定結果です。

接続方式NURO光ソフトバンク光
IPv4接続529.79506.45
IPv6接続580.93523.49
NURO光とソフトバンク光の下りの速度測定結果
(単位:Mbps)

NURO光もソフトバンク光も速度実測値が500Mbps以上ありますが、僅かな差でNURO光の勝利です。

NURO光は標準オプションのみ。ソフトバンク光は+550円/月の光BBユニットをレンタルしています。

上りの速度実測値を比較

NURO光とソフトバンク光の上り(アップロード)の速度測定結果です。

接続方式NURO光ソフトバンク光
IPv4接続407.31308.13
IPv6接続370.33309.00
NURO光とソフトバンク光の上りの速度測定結果
(単位:Mbps)

上りの速度実測値も、NURO光の勝利です。

反応速度の実測値を比較

NURO光とソフトバンク光の反応速度(Ping値)の比較結果です。

接続方式NURO光ソフトバンク光
IPv4接続6.46.8
IPv6接続5.14.8
NURO光とソフトバンク光の反応速度
(単位:ms)

ラグの大きさを示すPing値については、大差がありません。

\ 超高速インターネット /

45,000円のキャッシュバック付き!

NURO光の速度実測値が速い5つの理由

3Dモニターでデータ分析をしている男性

NURO光の速度を測定した結果、速度実測値でも速い光回線ということがわかりました。

次に、NURO光の速度実測値が速い5つの理由について解説していきます。

独自の光ファイバーを利用している

NURO光の速度実測値が速い理由の1つ目は、独自の光ファイバー(ダークファイバー)を利用していることが挙げられます。

NURO光と光コラボの違い
NURO光と光コラボの光ファイバーの違い

上のイラストの通り、NURO光はNURO光のユーザー間でしか光ファイバーを共有しません。

そのためNURO光は光ファイバーの利用者を限定できるため混雑が起きづらく、速度実測値が高い基準を保つことが可能になります。

筆者

NURO光専用の高速道路が使えるイメージですね。

光コラボでは他社回線と光ファイバーを共有するため、周辺エリアの利用者が増えると混雑が起きやすくなってしまいます。

世界基準の通信規格「G-PON」

NURO光の速度実測値が速い理由の2つ目は、通信規格が世界基準の「G-PON」を採用していることが挙げられます。

このG-PONの最大通信速度は2Gbpsとなり、他社回線が利用している通信規格「GE-PON」は最大通信速度が1Gbpsとなります。

最大通信速度G-PONGE-PON
下り(ダウンロード)2Gbps1Gbps
上り(アップロード)1Gbps1Gbps
G-PONとGE-PONの最大通信速度の違い

この通信規格の違いにより、他社回線が最大1Gbpsのところ、NURO光だけが最大2Gbpsで提供できるというわけです。

筆者

GE-PONからG-PONの切り替えには、莫大なコスト増になるため、NURO光の1人勝ちはまだまだ続くでしょう。

最新のIPv6接続にも対応

NURO光の速度実測値が速い理由の3つ目は、接続方式が最新の「IPv6」を標準装備としていることが挙げられます。

IPv6は通信速度のロスが少ないIPoE方式が採用され、IPアドレスの数も約340澗個と、従来のIPv4と比べ物になりません。

筆者

例えるなら車線が太く、料金所のない高速道路が使えるイメージです。

IPv6とIPv4の違い
IPv6とIPv4の違い(イメージ)

NURO光はこのIPv6が標準装備となっているため、速度実測値も高い基準が維持できるというわけです。

光回線が部屋ごとに用意される

NURO光の速度実測値が速い4つ目の理由は、マンションであっても光回線が部屋ごとに用意されることが挙げられます。

光回線が部屋ごとに別々に用意されることで、マンションに住んでいても戸建てと同様に光ファイバーを独占することができるというわけです。

NURO光をマンションに引き込んだとき
NURO光の配線方式のイメージ

対する光コラボのマンションタイプでは、建物全体で光回線がシェアされてしまいます。

一般的なマンションタイプ
光コラボの配線イメージ

光コラボのマンションタイプでは、光回線が建物全体でシェアされてしまうため、建物内の契約者数が増えれば増えるほど、通信の渋滞が起きやすくなります。

筆者

光コラボのマンションタイプの月額料金が安い理由は、建物全体で光ファイバーを共有しているからです。

Wi-Fiルーターが標準オプション

NURO光の速度実測値が速い理由の5つ目は、Wi-Fiルーターが標準オプションであることが挙げられます。

NURO光のWi-Fiルーターは、ONUに内蔵されていて、最大通信速度が1300Mbpsと非常にハイスペックなものが無料でついてきます。

筆者

Wi-Fiルーターは誤った規格やスペックのものを接続すると、通信速度が極端に遅くなってしまうんですよね。

支給されるWi-Fiルーターをそのまま使えばいいので、NURO光の速度実測値を落とすことなく、高速通信が維持できるというわけです。

まとめ

NURO光の測定結果と、速度実測値が速い理由を解説してきました。

NURO光の速度実測値について
  • NURO光の速度実測値は、500Mbps以上が常時でている
  • FPSなどのオンラインゲームに必要なPing値も非常に速い
  • NURO光は独自の光ファイバーだから、他社ユーザーの影響を受けない
  • 最大速度が2Gbpsの理由は、通信規格が「G-PON」を採用しているから
  • 最新の接続方式「IPv6」が標準装備だから、混雑にも強い

NURO光の速度実測値を実際に測定した結果、非常に速い光回線であることがわかりました。

テレワークをはじめ、オンラインゲームでもストレスを感じることはないと断言できます。

稀にネット上で「NURO光も速度が遅い!」との評判もありますが、接続方法に問題がある場合が考えられます。

筆者

実際に筆者も1年以上NURO光を利用していますが、大きなトラブルもなく、めちゃくちゃ満足しています。

もし今お使いの光回線が遅いなら、NURO 光に乗り換えてみることをおすすめします。

\ 超高速インターネット /

45,000円のキャッシュバック付き!

NURO光の2つのプラン(G2TとG2D)の違いは、関連記事に詳しくまとめました。

スポンサーリンク

NURO光の速度実測値

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアください
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次