Wi-FiのSSIDが2つある理由|どっちを使うのが正解なのか?

Wi-FiのSSID

Wi-Fiルーターには、Wi-Fiに接続するためのSSIDが2つ設定されています。

SSIDの1つは5GHz帯の周波数が使われ、もう1つは2.4GHz帯の周波数が使われています。

質問くん

でもどっちと接続すればいいの?何か違いはあるの?

そんな疑問を解決するため、通信会社に勤める私ひろぽんが、Wi-FiのSSIDの2つの違いについて解説していきます。

筆者

Wi-Fiは接続するSSIDによって、速度や届く範囲が全然違うんです。

この記事がおすすめの人
  • 光回線にWi-Fiで接続してるけど、思ったほど速度が出ていない
  • 2つのSSIDはどっちに接続したらいいのかわからない
  • SSIDそれぞれの周波数に合わせた、Wi-Fiの使い方を知りたい

Wi-Fiルーターの選び方がわからない人は、こちらの記事も参考にしてください。

目次

Wi-FiのSSIDが2つある理由とは?それぞれの特徴を解説

女性がWi-Fiのボタンを押している

Wi-FiルーターのSSIDは、5GHz帯と2.4GHz帯の2つの周波数が設定されています。

2つの周波数には、いったいどんな違いがあるのでしょう?それぞれを解説していきます。

Wi-FiのSSID「5GHz帯」の特徴

Wi-FiのSSID「5GHz帯」の特徴は、通信速度が速いことが挙げられます。

筆者

自宅のNURO光で測定してみました。

回数下り
単位:Mbps
上り
単位:Mbps
Ping値
単位:ms
1回目5804204
2回目4404306
3回目5904505
4回目5604306
5回目5204505
平均5384365.2
SSID「5GHz帯」の速度

ただし直進性が強い周波数なので、壁や家具などの障害物に弱く、Wi-Fiが遠くまで届きません。

Wi-Fiの5GHz帯は、SSIDに「5G」もしくは「a」と表記されています。

Wi-FiのSSID「2.4GHz帯」の特徴

Wi-FiのSSID「2.4GHz帯」の特徴は、壁や家具などの障害物に強く、Wi-Fiが遠くまで届きやすいことが挙げられます。

しかし通信速度は「5GHz帯」と比べると、約1/10まで遅くなります。

筆者

SSIDを切り替えて、速度測定してみました。

回数下り
単位:Mbps
上り
単位:Mbps
Ping値
単位:ms
1回目59815
2回目50739
3回目65775
4回目74684
5回目66826
平均62.876.25.8
SSID「2.4GHz帯」の速度

Wi-Fiの2.4GHz帯は、SSIDに「2G」もしくは「g」と表記されています。

Wi-FiのSSID2つは、どっちに接続すればいいの?

疑問を持つ女性

Wi-FiのSSID2つの特徴を解説しましたが、どっちと接続するのが正解なのでしょうか。

特徴に合わせた使い方を説明していきます。

PCやスマホに接続するなら5GHz帯

PCやスマホと接続するときは、Wi-FiのSSIDは5GHzと接続するのがおすすめです。

特に速度が重視されるテレワークやオンラインゲームでは、5GHzとの接続は必須と言えます。

仮に5GHz帯と接続しても速度が遅い場合には、接続方式をIPv6に変更しましょう。

ルーターから離れた部屋で使うなら2.4GHz帯

ルーターから離れた部屋でWi-Fiを使う場合、5GHz帯が届かない場合があります。

5GHzのWi-Fiが利用できない部屋では、2.4GHzのSSIDと接続するしかありません。

しかし2.4GHzでは速度は遅いので、5GHzのWi-Fiが届かない部屋でテレワークやオンラインゲームをするなら、中継器の利用がおすすめです。

IoT家電に接続できるのは2.4GHz帯のみ

IoT家電やスマートリモコンとの接続は、2.4GHzのみとなります。

Wi-Fiを利用してON/OFFの信号を送るだけなので、速度が求められることはありません。

IoT家電やスマートリモコンは5GHz帯とは接続できないので、2.4GHz帯と接続しましょう。

まとめ

Wi-FiのSSID2つはどっちを使うべきか?について解説しました。

本記事のまとめ
  • Wi-Fiの周波数は、SSIDによって5GHzと2.4GHzの区別がされている
  • 5GHzのSSIDは、末尾が「5G」もしくは「a」
  • 2.4GHzのSSIDは、末尾が「2G」もしくは「g」
  • 5GHzのSSIDに接続すると、速度は速いが遠くまで届かない
  • 2.4GHzのSSIDに接続すると、遠くまで届くが速度は遅い

PCやスマホとWi-Fiを接続する場合、5GHzも2.4GHzもどっちも届いているなら、5GHzと接続しましょう。

階をまたいだりWi-Fiが届かない部屋で接続する場合には、速度の遅い2.4GHzと接続するか、中継器の準備が必要です。

筆者

どっちもネットには接続できますが、基本は5GHzに接続するのがおすすめです。

スポンサーリンク

Wi-FiのSSID

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアください
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる