Wi-FiルーターのSSIDが2つあるのはなぜ?どっちに接続するべき?

当ページのリンクには広告が含まれています。
Wi-FiのSSID

パソコンやスマホでWi-Fiに接続する場合、Wi-FiルーターのSSIDを選択し、パスワードを入力することになります。

しかしWi-FiルーターにはSSIDが2つ設定されているので、どっちに接続したらいいの?と迷ってしまったことはありませんか?

Wi-FiのSSID

基本的にどっちのSSIDを選んでもWi-Fiには接続できますが、なぜ2つあるのか?性能の違いは?など気になりますよね?

そこで本記事では、Wi-FiルーターにSSIDが2つある理由と、どっちに接続した方がいいのか?について解説していきます。

Wi-FiのSSIDについて詳しく知りたい!という人は、ぜひ最後までお付き合いください。

本記事を書いた人
通信業界に15年勤める会社員。光回線やSIMを利用したサービスを提供しています。本ブログでは、インターネットに関するお得な情報をお届けしていきます。

目次

Wi-FiにSSIDが2つある理由とは?

白いWi-Fiルーター

Wi-Fiルーターに2つのSSIDが設定されている理由は、5GHzと2.4GHzの異なる周波数帯を利用できるようにするためです。

接続するSSIDを切り替えれば、用途や場面に応じてWi-Fiを使い分けることができます。

次の項目では、Wi-Fiの5GHzと2.4GHzの周波数帯の違いについて解説していきます。

5GHzと2.4GHzの違いとは?

Wi-Fiのシンボル

Wi-Fiで利用されている5GHzと2.4GHzの2つの周波数帯には、いったいどんな違いや特徴があるのでしょうか。

それぞれのメリット・デメリットを理解することで、Wi-Fiを利用するシーンに応じてSSIDを使い分けることができるようになります。

5GHzのWi-Fiの特徴

まずは、5GHzの特徴から見ていきます。

強み通信速度が速い
家電の影響を受けない
弱みIoT家電に接続できない

遠くまで届かない
5GHzのWi-Fiの特徴

5GHzは直進性が高い周波数のため、2.4GHzと比べて通信速度が速いことが特徴です。

回数5GHz2.4GHz
1回目580Mbps59Mbps
2回目440Mbps50Mbps
3回目590Mbps65Mbps
4回目560Mbps74Mbps
5回目520Mbps66Mbps
5GHzと2.4GHzの速度比較

5GHzの通信速度は500Mbpsを大きく上回っていますが、同じ光回線にも関わらず2.4GHzに接続すると100Mbpsにも達していません。

さらに5GHzは家電製品との干渉が少ない周波数帯のため、仮に電子レンジを可動させても安定した通信接続が可能です。

筆者

2.4GHzで接続していると、電子レンジの使用中に通信が途切れてしまうことも・・。

ただし5GHzでは壁や家具などの障害物には弱いという特徴があるため、遠くの部屋までWi-Fiが届きにくいというデメリットがあります。

5GHzのWi-Fiの特徴

2.4GHzのWi-Fiの特徴

次に、2.4GHzの特徴を解説します。

強み遠くまで届く

IoT家電に接続できる
弱み家電の影響を受ける
速度が遅い
2.4GHzのWi-Fiの特徴

2.4GHzは壁や家具などの障害物に強い周波数帯のため、Wi-Fiルーターから離れた部屋でも接続できる特徴を持っています。

2.4GHのWi-Fiの特徴
筆者

Wi-Fiルーターを1階に設置した場合でも、2.4GHzなら2階でも接続できます。

またGoogle Home(グーグルホーム)などのIoT家電と接続できるのは、2.4GHzのWi-Fiのみとなり、5GHzとは接続できません。

ただし2.4GHz接続時の通信速度は5GHzと比べると大幅に遅くなるので、ゲームのダウンロードなどには向きません。

Wi-FiのSSIDを見分ける方法

ライトテーブルに置かれたWi-Fiルーター

次に、5GHzと2.4GHzのSSIDの見分け方について解説していきます。

メーカー各社でSSIDの表記が統一されていないため、お使いのWi-Fiルーターを見ながら確認してください。

5GHzのSSIDを見分ける方法

メーカー別に、5GHzのSSIDをまとめました。

NECaterm-〇〇-a
バッファローBuffalo-A-〇〇
アイ・オー・データIODATA-〇〇-5G
TP-LINKTP-LINK_〇〇_5G
メーカー別 5GHzのSSID

SSIDの中に「a」もしくは「5G」と表記されているものが、5GHz帯のWi-Fiです。

5GHz帯のWi-Fi

Wi-Fiルーターに貼ってあるラベルと同じSSIDを選択して、パスワードを入力しましょう。

筆者

基本的には、5GHzのSSIDに接続すればOKです。

2.4GHzのSSIDを見分ける方法

次に、2.4GHzのSSIDをまとめました。

NECaterm-〇〇-g
バッファローBuffalo-G-〇〇
アイ・オー・データIODATA-〇〇-2G
TP-LINKTP-LINK_〇〇
メーカー別 2.4GHzのSSID

SSIDの中に「g」もしくは「2G」と表記されているものが、2.4GHz帯のWi-Fiです。

2.4GHz帯のWi-Fi

IoT家電と接続する場合や、5GHz帯と接続できない場合には、2.4GHz帯と接続しましょう。

筆者

5GHzと2.4GHzの接続を切り替える場合には、SSIDを選び直す必要があります。

どっちのSSIDに接続するべき?

疑問を持った女性

Wi-Fiルーターを利用する場合、どっちのSSIDに接続するのが良いのかを解説します。

通信速度を求めるなら5GHzと接続

オンラインゲームや動画などのデータ量が多いコンテンツを利用する場合は、5GHzのSSIDと接続しWi-Fiを利用しましょう。

5GHzは2.4GHzよりも干渉を受けにくく、有線接続並みの高速通信が可能だからです。

筆者

ただし5GHziは障害物に弱いため、ルーターの近くで利用することをおすすめします。

5GHzのWi-Fiに接続できれば、高速かつ安定的にインターネットを楽しむことができます。

5GHzと接続しても通信速度があまり出ない。という人は、Wi-Fiルーターを1度見直してみることをおすすめします。

離れた部屋で接続するなら2.4GHz

家の中でWi-Fiが届きにくい場所がある場合、2.4GHzのSSIDと接続してみましょう。

2.4GHzは5GHzと比べて、Wi-Fiが遠くまで届きやすく、壁や家具などの障害物に強いという特徴があります。

筆者

ただし、家電や近隣のWi-Fiの影響を受けやすいため、速度の遅さや接続が不安定に感じることもあります。

離れた部屋でも5GHzのWi-Fiを利用したい!という場合には、中間地点に中継器を設けることでWi-Fiエリアを拡張することができます。

IoT家電に接続するなら2.4GHz

スマートホームなどのIoT家電では、安定性や範囲の広さが重視されるため、2.4GHzのWi-Fiと接続することになります。

障害物に弱く範囲の狭い5GHzでは使い勝手が悪く、転送されるデータ量もそれほど多くはないため、2.4GHzでも十分対応できます。

筆者

ちなみにIoTは、Internet of Things(あらゆるものがインターネットに繋がる)という意味です。

そのため、すべてのWi-Fiルーターには通信速度が速い5GHzだけではなく、2.4GHzのアンテナも搭載されている形となります。

Wi-FiのSSIDでよくある質問

Q & A

Wi-FiのSSIDについて、よくある質問をまとめました。

なぜWi-FiにはSSIDが2つあるの?

周波数帯が異なる2つのWi-Fiが発信されているからです。

  • 5GHz(SSID:a・5Gと表記)
    通信速度が速いが、届く距離が短い
  • 2.4GHz(SSID:g・2Gと表記)
    遠くまで届くが、通信速度が遅い

SSIDはどっちを選択すればいい?

通信速度が速い、5GHzのSSIDを選択するのがおすすめです。

しかしルーターから離れた部屋でWi-Fiを接続したいなら、2.4GHzの方が通信を安定させることができます。

自動的にSSIDは切り替わりますか?

Wi-Fi接続の途中で、SSIDが自動的に切り替わることはありません。

SSIDを切り替える場合は、手動でWi-Fiを選択し直す必要があります。

まとめ

Wi-Fiルーターには2つのSSIDが設定されているため、利用シーンに応じてどっちのSSIDと接続するかを決める必要があります。

5GHzの特徴:

  • 通信速度が速い
  • 家電製品との干渉が少ない
  • Wi-Fiの届く範囲が狭い

2.4GHzの特徴:

  • Wi-Fiの届く範囲が広い
  • IoT家電に接続ができる
  • 速度が遅く、干渉しやすい

パソコンやスマホなどでインターネットを利用する場合には、基本的に5GHzのSSIDと接続することをおすすめします。

しかしルーターから離れた部屋でWi-Fiを利用する場合には、障害物に強く範囲が広い2.4GHzの方が通信を安定させることができます。

ご自宅の通信環境を考慮して、最適なWi-FiのSSIDを選択してください。

スポンサーリンク

Wi-FiのSSID

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアください
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次