Wi-Fiが届かない部屋でも、快適にネットを使うための3つの対策

Wi-Fiが届かない部屋の対策

自宅にWi-Fiルーターを設置するだけで、部屋の中で自由にネット接続が可能になります。

さらにスマホと接続させれば、ギガ数を気にせず、好きなだけ動画やゲームも楽しむことができます。

しかしその反面、Wi-Fiが届かない部屋では、ネットが使えなくなるというデメリットも。

質問くん

Wi-Fiが届かない自分の部屋でも、思う存分にネットを使いたい!

特にテレワークをしている人であれば、家族から離れた自分の部屋で仕事をしたいですよね?

そこで本記事では、Wi-Fiがあなたの部屋まで届かないときの対策をご紹介していきます。

自分の部屋でも思う存分にWi-Fiを使いたい!という人は、最後までお付き合いください。

【 筆者のプロフィール 】
印刷会社・印刷機材のメーカーを経て14年間、通信会社で働いています。
本ブログでは、ネット回線の選び方・ネット環境の改善方法をまとめています。

目次

Wi-Fiが届かない部屋への3つの対策

より良いwifiを得ようとしている女性

家中どこでもWi-Fiがつながるのが理想ですが、届かない部屋があるとネットを使える場所が限られてしまいます。

自分の部屋までWi-Fiが届かないと、リビングまで出ていく必要があるので不便ですよね。

そんなWi-Fiが届かない部屋がある場合に、試してもらいたい3つの対策を紹介していきます。

Wi-Fiルーターの位置を調整する

Wi-Fiが届かない場合には、ルーターの位置を調整してみましょう。

ネットを使いたい部屋にできるだけルーターを近づけることで、Wi-Fiが届く場合があります。

またWi-Fiルーターの周辺には、障害物になりそうな物を置かないようにしましょう。

Wi-Fiの通り道をスッキリさせることで、遠くまで電波が届きやすくなります。

2.4GHzのWi-Fiを利用する

最新のWi-Fiルーターであれば、5GHzと2.4GHzの2つの電波を発信しています。

5GHz通信速度が速い
遠くまで届かない
2.4GHz遠くまで届く

通信速度が遅い
5GHzと2.4GHzの違い

基本的には通信速度が速い5GHzがおすすめですが、Wi-Fiが遠くまで届きません。

そのため2.4GHzであれば通信速度は遅くなりますが、5GHzが届かない部屋でも利用することが可能です。

Wi-Fi中継器を利用する

対策①と②を試してみてもWi-Fiが部屋まで届かないなら、中継器の設置を検討しましょう。

Wi-Fiルーターと中継器を紐づけることで、Wi-Fiのエリアを拡張することができます。

中継器の仕組み
中継器を利用したときのイメージ

Wi-Fiルーターと中継器の紐づけは、WPSボタンを押すだけなので、難しい設定などは不要です。

筆者

コンセントに挿すだけで、Wi-Fiのエリアが拡大できます。

Wi-Fi中継器の注意点

wifiエリアのイメージ

Wi-Fi中継器を利用するにあたって、3つの注意点があります。

ルーターと中継器の規格を合わせる

Wi-Fi中継器を設置する場合は、Wi-Fiルーターの規格とそろえておきましょう。

Wi-Fi規格をあわせることで、Wi-Fiルーターの性能をそのまま中継器に伝えることができます。

Wi-Fi規格無線LAN規格最大速度
Wi-Fi6IEEE802.11ax9.6Gbps
Wi-Fi5IEEE802.11ac6.9Gbps
Wi-Fi4IEEE802.11n600Mbps
Wi-Fi世代と規格

仮にWi-Fi6のルーターを使っていても、中継器がWi-Fi5であれば、Wi-Fi5の通信速度まで落ちてしまいます。

筆者

Wi-Fiルーターの規格は、型番で検索すれば出てきます。

電子レンジを避けて中継器を設置する

Wi-Fi中継器を設置する場所は、間に電子レンジが入らないようにしましょう。

電子レンジは稼働中に大量の電磁波が出すので、Wi-Fiの電波を吸収・拡散させてしまいます。

そのためルーターから中継器にWi-Fiが伝わらず、中継器の効果を発揮させることができません。

Wi-Fiが届かない部屋でネットを利用したいなら、電子レンジを避けるルートに中継器を設置してください。

Wi-Fiルーターと中継器のまわりには物を置かない

Wi-Fiルーターと中継器のまわりには、物を置かないようにしてください。

Wi-Fiの通り道を空けておくで、ルーターと中継器がスムーズに接続され、より良質なWi-Fiを利用することができます。

Wi-Fiルーターはチェストの上に設置するなど、Wi-Fiの通り道を確保してあげましょう。

筆者

特に5GHzのWi-Fiは、障害物に弱いので注意しましょう。

まとめ

Wi-Fiが届かない部屋がある場合、次の3つを試してみましょう。

本記事のまとめ
  • Wi-Fiルーターの位置を調整する
  • 2.4GHzのWi-Fiを利用する
  • Wi-Fi中継器を設置する

中でも、Wi-Fiのエリアが確実に広がる中継器の設置がおすすめです。

中継器を利用すれば、通信速度が速い5GHzのWi-Fiが利用できるようになるので、テレワークの対応にも不安がなくなります。

今後もテレワークが続く仕事であれば、これを機に快適なネット環境を整えていきましょう。

筆者

おすすめのWi-Fi中継器はこちらです。

スポンサーリンク

Wi-Fiが届かない部屋の対策

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアください
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次