Wi-Fiが届かない部屋の対策には「中継器」の設置がおすすめ

Wi-Fiが届かない部屋がある場合には「中継器」の設置がおすすめ

光回線のONU(回線終端装置)とWi-Fiルーターを接続すると、家中どこでも無線LANでインターネットが利用できるようになります。

しかし戸建て住宅や3LDKなど広いマンションの場合では、ルーター1台ですべての部屋にWi-Fiを届けることができません。

自分の部屋にWi-Fiが届かないって、すごく不便ですよね?

昨今ではテレワークの機会も増え、自宅のインターネットを利用する機会も増えてきました。

さらにネット動画やオンラインゲームも充実してきているので、家中どこでもインターネットを利用できる環境が欲しいところ。

そのため、自分の部屋までWi-Fiが届かない場合には、中継器の設置がおすすめです。

本記事がおすすめの人
  • 家族の声が筒抜けになるのを防ぎたい
  • 好きな動画を思う存分楽しみたい
  • 自分一人の環境でゲームに集中したい
筆者のプロフィール
イケメンサラリーマン

光回線とIoT機器の営業マン。
マンションオーナーや不動産会社、ゼネコンなどのお悩み解決を提案しています。

本ブログで、ネット回線にお困りのあなたに、光回線のノウハウをお届けします。

目次

Wi-Fiが届かない部屋には中継器がおすすめの理由

バトンタッチ

1台のルーターで家中どこでもWi-Fiに繋がることが理想ですが、戸建て住宅や3LDKなどのマンションに住んでいるとそうはいきません。

でも、わざわざリビングに行かないとネットが使えないのは不便極まりないですよね。

  • 家族の声が筒抜けになるのを防ぎたい
  • 好きな動画を思う存分楽しみたい
  • 自分一人の環境でゲームに集中したい

そんな人は、ぜひWi-Fi中継器を検討してみてください。

中継器でWi-Fiのエリアが広がる

Wi-Fiが届かない部屋がある場合には、ルーターと部屋の間に中継器を設置することで、Wi-Fiのエリアを広げることができます。

中継器の仕組み
中継器を利用したときのイメージ

ルーターから発信されたWi-Fiを中継器が受信し、中継器から新たなWi-Fiが発信されるため、家中どこでもWi-Fiに接続できるわけです。

自分の部屋までWi-Fiが届くので、家族に気兼ねする必要がなくなりますよ。

リビングまでWi-Fiを接続しに行くのが面倒であれば、中継器を設置してWi-Fiのエリアを広げることをおすすめします。

今使っているルーターがそのまま使える

中継器の最大のメリットは、今使っているWi-Fiルーターを買い替えなくても、Wi-Fiのエリアが拡大できるという点です。

「最新のルーターを購入すれば、Wi-Fiのエリアが拡大できる」という記事もありますが、ルーターは決して安い買い物ではありません。

しかし中継器を利用すれば、今使っているWi-Fiルーターと中継器を接続するだけで、Wi-Fiのエリアを拡大することができます。

できるだけ費用を抑えながらWi-Fiが届かない部屋の対策をしたいなら、ルーターの買い替えが不要な中継器の設置がおすすめと言えます。

Wi-Fiが届かない部屋ができる理由

Wi-Fiが届かず、困っている女性

そもそもなぜ、Wi-Fiが届かない部屋ができてしまうのでしょう。

ここではWi-Fiの電波の特徴を踏まえ、自分の部屋までWi-Fiが届かない理由を説明します。

Wi-Fiルーターまでの距離が遠い

Wi-Fiルーターを設置した部屋から離れれば離れるほど、Wi-Fiの強度は落ちていきます。

そのため、リビングから離れた部屋や階違いの部屋ではWi-Fiが届かないことが多いです。

中継器を設置しない場合には、SSIDを5GHzから2.4GHz帯に変更することで、Wi-Fiが利用できることもあるのでお試しください。

5GHz通信速度が速い
遠くまで届かない
2.4GHz遠くまで届く

通信速度が遅い
5GHzと2.4GHzの違い

Wi-FiのSSID(5GHzと2.4GHz)の違いについては、関連記事で詳しくまとめました。

Wi-Fiルーターとの間に障害物がある

Wi-Fiルーターの周りに家電や家具などの電波を遮断する障害物が多い場合でも、Wi-Fiの電波が届きづらくなります。

特に電子レンジなどの強力な電磁波を出す家電があると、Wi-Fiの電波が電磁波に吸収されてしまい、隣の部屋ですら届かなくなります。

また通信速度が速い5GHzのWi-Fiは障害物に弱いため、ルーターの周囲に家具や壁などがあると電波が遮られてしまいます。

そのため、Wi-Fiルーターを設置する場合には電子レンジの位置に気を付けて、設置する場所を検討する必要があります。

Wi-Fi中継器を利用する時の注意点

パソコンを覗いている犬

Wi-Fi中継器を利用する時には、注意しておきたい3つのポイントがあります。

中継器の効果を最大限に発揮させるためにも、事前に確認しておきてください。

中継器の初期設定が必要

中継器を利用する時には、Wi-Fiルーターと接続するための初期設定が必要です。

中継器の初期設定の方法
  • 手動(通信端末が必要)
  • WPSボタン

初期設定を手動で行う場合には、通信端末が必要となり、中継器にログイン・各種設定が必要になります。

しかしWPSボタンが搭載された中継器であれば、WPSボタンを押すだけで簡単に初期設定を完了することができます。

Wi-Fiルーターにも、WPSボタンが搭載されている場合に限られます。

基本的にWi-Fiルーターや中継器には、WPSボタンは搭載されていますよ。

ルーターと中継器の間には電子レンジなどの障害物を置かない

中継器を利用する場合には、設置する位置にも注意する必要があります。

例えばWi-Fiルーターと中継器の間に電子レンジがある場合には、電子レンジの稼働中にWi-Fiが切断される可能性が高くなります。

電子レンジの電磁波はWi-Fiと同じ2.4GHzが使われているので、電子レンジの強力な電磁波にWi-Fiの電波が吸収されてしまうからです。

Wi-Fiルーターや中継器の周辺にはできるだけ障害物となる家電や家具を置かず、Wi-Fiが届きやすくなるように工夫する必要があります。

Wi-Fiルーターはできるだけ高い位置に設置した方が、電波が通りやすくなります。

ルーターと中継器の規格を合わせる

中継器を購入する時は、利用中のWi-Fiルーターと無線LAN規格を合わせることも重要です。

スクロールできます
規格通称最大速度周波数帯
IEEE802.11axWi-Fi69.6Gbps2.4GHz
5GHz
IEEE802.11acWi-Fi56.9Gbps5GHz
IEEE802.11nWi-Fi4600Mbps2.4GHz
5GHz
IEEE802.11g54Mbps2.4GHz
IEEE802.11b11Mbps2.4GHz
IEEE802.11a54Mbps5GHz
無線LAN規格

無線LAN規格を合わせておけば、Wi-Fiルーターのスペックをそのまま中継器に引き継がせることができます。

Wi-Fiルーターの規格は、型番で検索すれば出てきます。

ルーターと中継器の無線LAN規格がバラバラでもWi-Fiエリアは拡張できますが、通信速度が遅くなったりと不具合も出てきます。

おすすめのWi-Fi中継器とは?

商品を紹介する女性

いざ中継器を購入しようと思っても、数ある機器の中で一体どれを買えばいいのでしょう。

ここでは親機であるWi-Fiルーターの規格別に、おすすめの中継器をご紹介します。

11ac(Wi-Fi5)のルーターの場合

ルーターの規格が11ac(Wi-Fi5)だった場合には、こちらの中継器がおすすめです。

メーカーバッファロー
型番WEX-1166DHPS2/N
対応規格IEEE802.11ac/n/g/b/a
(Wi-Fi5)
アンテナ数2×2
外寸40×65×95mm

中継器の中ではお手頃の価格帯で、コンパクトな本体で邪魔になりづらい特徴があります。

11ax(Wi-Fi6)のルーターの場合

ルーターの規格が11ax(Wi-Fi6)だった場合には、こちらの中継器がおすすめです。

メーカーTP-Link
型番RE705X/A
対応規格IEEE802.11ax/ac/n/g/b/a
(Wi-Fi6)
アンテナ数2×2
外寸74×46×124.8mm

メッシュ機能が搭載されたルーターを利用していれば、メッシュ機能を持ったWi-Fi中継器として利用することができます。

Wi-Fi中継器のよくある質問

コールセンターで働く人

Wi-Fi中継器でよくある質問をまとめました。

Wi-Fiルーターから中継器に自動的に切り替わるの?

Wi-Fiルーターの電波が完全に切れた場合に、中継器の電波に自動的に切り替わります。

手動で中継器のWi-Fiに切り替えることも可能です。

Wi-Fiルーターと中継器は、同じメーカーでそろえる必要はあるの?

Wi-Fiルーターと中継器は、別々のメーカーでも問題なく利用できます。

複数の中継器を設置することはできますか?

複数の中継器を設置は可能ですが、必ずWi-Fiルーターと中継器を接続する必要があります。

中継器から中継器の接続をする場合には、メッシュ機能が搭載された機器が必要になります。

その他不明点があれば、コメント欄でご質問ください。

まとめ

自分の部屋までWi-Fiが届かない!という人は、中継器の利用がおすすめです。

中継器がおすすめの3つの理由
  • Wi-Fiの範囲が広がる
  • 既存ルーターがそのまま使える
  • コストも安く、初期設定も簡単

中継器を利用すれば、自分の部屋にもWi-Fiが届くようになるので、家族に気兼ねすることなく仕事やゲームに集中することができます。

  • 家族の声が筒抜けになるのを防ぎたい
  • 好きな動画を思う存分楽しみたい
  • 自分一人の環境でゲームに集中したい

中継器さえあれば、こんな希望が叶えられます!

Wi-Fiが届かない部屋には中継器を利用して、快適なネット環境を整えてみましょう。

11ac(Wi-Fi5)におすすめ

11ax(Wi-Fi6)におすすめ

スポンサーリンク

Wi-Fiが届かない部屋がある場合には「中継器」の設置がおすすめ

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアください
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次