無線LANルーターの選び方【無線LAN規格とストリーム数が重要】

PCとスマホをWi-Fi接続している人

無線LANルーター(Wi-Fi)の選び方って、何を確認したらいいの?選ぶ基準ってなに?

値段もピンキリだし、スペックの違いや書いてあることも良くわからない。

そんな疑問にお答えします。

本記事の内容
  • 無線LANの規格は、11axか11ac
  • 無線LANストリーム数は、4×4の一択
  • 家が広いなら、メッシュWi-Fiもあり

この記事を書いている筆者は、通信会社に勤める営業マンです。

賃貸アパートやマンションのほかに、分譲マンションにもインターネット設備を提供しています。

インターネットについては、お任せください。

目次

無線LANルーターの選び方:無線LAN規格は11axか11ac

ウェブサイトの構築

無線LANルーターの1つ目の選び方のポイントは、無線LAN規格です。

2021年現在、無線LANの規格は6種類ありますが、この無線LANの規格によって通信速度が異なってきます

無線LANの規格
  • IEEE802.11ax(Wi-Fi6)
  • IEEE802.11ac(Wi-Fi5)
  • IEEE802.11n(Wi-Fi4)
  • IEEE802.11g
  • IEEE802.11b
  • IEEE802.11a

店頭の無線LANのパッケージではIEEE802が省略されて、11axや11acなどの表記がされています。

11axは最大通信速度が9600Mbps

最新規格の11axは、最大通信速度が9600Mbps(=9.6Gbps)です。

光回線の主流は1Gbpsのため、現状では過剰スペックにはなりますが、今後は10Gbpsの光回線が主流になってきます。

そのため、今後無線LANルーターを買うなら、11ax(Wi-Fi6)の機種がおすすめです。

11acは最大通信速度が6900Mbps

1世代前の11acは、最大通信速度が6900Mbps(=6.9Gbps)です。

11axの規格に対応した無線LANルーターはまだまだ価格が高いので、そこまで手が出せないというのなら、11acの規格に対応した無線LANルーターを購入しましょう。

11acの無線LANルーターであれば、価格も1万円を切る機種が多くお手頃です。

11nは最大通信速度が600Mbps

11axの2世代前の規格11nは、最大通信速度が600Mbpsです。

こちらは1Gbpsの光回線を使っている場合、Wi-Fi接続をすると速度が絞られてしまいます。

実際にNURO光(2Gbps回線)で、11nの速度チェックをしてみました。

測定日実測値
1日目150Mbps
2日目160Mbps
3日目150Mbps

150Mbps出ているので、オンラインゲームでも支障はないレベルですが、せっかくのNURO光回線がだいぶ絞られてしまいました。

11acで速度チェックした際には、平均450Mbpsでした。

無線LANルーターの選び方:ストリーム数(アンテナ数)4×4がおすすめ

様々な通信端末を使う人たち

無線LANルーターの2つ目の選び方のポイントは、ストリーム数です。

このストリーム数とは、無線LANルーターに搭載されているアンテナ数のことを指します。

無線LANルーターは、無線を送信するアンテナと端末からの信号を受信するアンテナが搭載されていて、それぞれ対の関係を持っています。

4×4の無線LANルーターでは、送信アンテナと受信アンテナが4本ずつあり、2×2の無線LANルーターでは、送信アンテナと受信アンテナが2本ずつあるという意味になります。

また、アンテナが外付けされているものと、内蔵されている2種類がありますが、機能に違いはありません。

店頭のパッケージでは、11ax(4×4)などと表記されています。

ストリーム数が多いほど、最大通信速度が速くなる

無線LANの通信速度が決まる要因は、無線LANの規格だけではありません。

無線LANルーターに搭載されているストリーム数によっても、通信速度が変わってきます

ストリーム数11ax11ac
1×11201Mbps433Mbps
2×22402Mbps867Mbps
3×33603Mbps1300Mbps
4×44804Mbps1703Mbps

ストリーム数が多ければ多いほど、通信速度も速くなっています。

そのため、無線LANルーターの選び方で、ストリーム数が重要になってきます。

ストリーム数が多いほど、通信速度が安定する

しかし実際には、受け側の端末にもストリーム数が設定されていて、4×4の通信接続ができる端末はそれほど多くはありません。

例えば、最新機種であるiPhone12に搭載されているストリーム数は2×2のため、無線LANルーターが4×4であったとしても、2×2の通信接続しかできません

通信接続の基本は下位互換。そのため、片一方だけ高速接続ができても、もう一方が遅ければ、遅い方に接続が合わせられてしまいます。

であれば、無線LANルーターも2×2でいいんじゃないの?という疑問が生まれます。

が、やはり無線LANルーターの選び方としては、4×4の無線LANルーターが基本になります。

その理由は、2×2の端末であったとしても、無線LANルーターが4×4であれば、より電波品質の良い2×2で接続できるためです。

ストリーム数が多いほど、同時接続数が増える

また、ストリーム数が多ければ、同時に接続できる台数を増やすことができます

無線LANルーターと端末をWi-Fi接続していても、通信をしていなければ待機状態です。

この待機状態では、ストリーム数の影響を受けることはありませんが、通信接続をした際に無線LANルーターのストリーム数の違いが生まれます。

例えば、ストリーム数が2×2の無線LANルーターとiPhoneとでWi-Fi接続し、通信接続をします。

すると、無線LANルーターのアンテナが2本すべて使用することとなります。

同時にPCでもWi-Fi接続し、通信接続をしようとしても、iPhoneの通信接続が終わるまで、PC側は待機状態となります

これが4×4の無線LANルーターであれば、PC側も待機状態になることなく、同時に通信ができるというわけです。

そのため、無線LANルーターの選び方としては、ストリーム数が4×4がおすすめとなります。

無線LANルーターの選び方:メッシュWi-Fi

ネットワーク構成

無線LANルーターの選び方は、規格とストリーム数が基本となりますが、自宅のどこでもストレスなくインターネットを楽しみたい!という人は、メッシュWi-Fiの検討もしてみましょう。

わざわざSSIDを切り替える必要がない

一般的に無線LANルーターは、設置した部屋の周辺までしか届きません。

特に1階に無線LANルーターを設置した場合には、2階まで電波が届かない、もしくは電波は届いているけど通信が遅くなっていることが多いです。

そこで無線LANルーターの中継機を中間地点に設置すれば、遠くの部屋にも電波を届けることは可能です。

が、手動で無線LANルーターと中継機のSSIDを変更する必要があり、部屋を移動するたびにWi-Fi接続を切り替える必要があります。

しかしメッシュWi-Fiの場合には、中継機のように手動でSSIDを切り替える必要がなく、メッシュWi-Fiとサテライト(子機)で端末の受け渡しを自動で行ってくれます

そのため、メッシュWi-Fiであれば、電波の切り替えを意識することなく、どこにいても最適な通信環境を整えることが可能です。

でも1台あたりのコストが高い

しかし便利な分、メッシュWi-Fiにもコストが高くなるという弱点を持っています。

また、無線LANルーターと中継機であれば、メーカーを問わずに利用できますが、メッシュWi-Fiの場合には、ルーターとサテライト(子機)のメーカーを合わせる必要があります

加えて、Wi-Fi6に対応した機種も少なく、ストリーム数も2×2が主流となります。

通信速度やコスパを重視するなら、無線LANルーターと中継機の組み合わせとなり、通信環境を重視するなら、メッシュWi-Fiを選ぶといいでしょう。

まとめ:無線LANルーターの選び方

無線LANルーターの選び方の基準は、次の2つがおすすめです。

  • 11axか11acの規格に対応しているもの
  • ストリーム数が4×4のもの

さらに家が広い場合には、メッシュWi-Fiを検討しましょう。

筆者おすすめのWi-Fiルーター

【1Gbps/2Gbpsの光回線を使っている人】

Wi-Fi5対応のWi-Fiルーター。

最大速度1733Mbps(=1.73Gbps)でWi-Fiが利用できます。

【10Gbpsの光回線を使っている人】

Wi-Fi6対応のWi-Fiルーター。

最大速度4803Mbps(=4.80Gbps)でWi-Fiが利用できます。

筆者

光回線の速度にあわせて、ルーターを選びましょう。

しかし無線LANルーターの性能も重要ですが、大元の光回線の通信速度が遅ければ、インターネットは遅いままです。

最近ではテレワークの機会も増えて、これまで以上に自宅のインターネットの質を求められています。

そこでおすすめな光回線は、超高速インターネットが売りのNURO 光です。

  • 無線LANを最新にしたので、ネットも変えたい
  • オンライン会議でいつも落ちてしまう
  • オンラインゲームでラグが酷い
  • YouTubeをよく見ている
  • NetflixやU-NEXTのネット動画が趣味だ

そんな人は、NURO 光の通信速度をまとめた記事も、チェックしてください。

ブログランキング・にほんブログ村へ
PCとスマホをWi-Fi接続している人

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアください

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる