ソフトバンクエアーってどう?知っておきたいメリット・デメリット

「工事がいらない」のCMで有名なソフトバンクエアー。

ソフトバンクエアーであれば、開通までに1~2ヶ月待たされる光回線と比べて、あっという間にネット環境が整います。

でも、、、

  • 速度が遅いって聞くけど大丈夫?
  • 料金体系はどうなってるの?
  • ホントに使えるの?

などの疑問が頭をよぎります。

そこで通信会社のひろぽん(@hiropon_cafe)が、ソフトバンクエアーのメリット・デメリットを分析しました。

忖度なしに徹底的に分析しましたので、ぜひ最後までお付き合いください。

≫ ソフトバンクエアーの公式はコチラ

筆者のひろぽんについて

筆者アイコン

インターネット無料の設備を提案している、通信会社の営業マンです。

本ブログでは、おすすめの光回線やWi-Fiルーターを紹介しています。

ちなみに自宅の光回線は、NURO光です。

目次

ソフトバンクエアーとは?

Airターミナル
画像引用元: SoftBank

ソフトバンクエアーのスペックと料金体系を解説します。

ソフトバンクエアーのスペック

まず初めに、ソフトバンクエアーのスペックから紹介します。

利用回線ソフトバンク4G
最大速度962Mbps
無線規格IEEE802.11ax
(Wi-Fi6)
無線接続2.4GHz
接続台数最大64台
寸法225×103×103
重量635g
ソフトバンクエアーのスペック

ソフトバンクエアーとは、モバイル回線を利用したホームルーター。

光回線とは異なり、工事不要ですぐに使えるのが特徴です。

ソフトバンクエアーの料金

次にソフトバンクエアーの料金を紹介します。

初期費用3,300円
月額料金(1年目)4,180円
月額料金(2年目以降)5,368円
契約期間2年間
解約違約金10,450円
ソフトバンクエアーの料金

ソフトバンクエアーのスタート割に加入すると、1年目は1,188円の割引が適用されます。

スマホ割も併用する場合、1年目の料金が4,730円になります。

契約期間は2年間で、猶予期間外の解約には、解約違約金+本体代の残債がかかります。
※契約期間なし+Airターミナルのレンタルプランもあり

本体代は、12回・24回・36回・48回払いの4パターンから選び、トータル59,400円を支払う必要があります。
※上の料金は、36回払いの場合

ソフトバンクエアーのメリット

SoftBank Air メリット編

ソフトバンクエアーのメリットについて。

  1. 開通工事がいらない
  2. データ容量の制限がない
  3. 無線LANルーターがいらない
  4. スマホ料金が安くなる

それぞれを説明します。

開通工事がいらない

ソフトバンクエアーは、モバイル回線を利用しているので、開通工事が不要です。

コンセントに電源プラグを挿すだけで、ネット環境が整います。

ひろぽん

光回線では、屋内工事/屋外工事と開通工事が必要なので、1~2ヶ月待たされます。

開通までの速さは、ソフトバンクエアーのメリットです。

データ容量の制限がない

ソフトバンクエアーには、データ容量の制限がありません。

ネットをどれだけ使っても、速度が絞られないのは安心ですよね。

ひろぽん

WiMAXの場合には、3日で15GB以上を使うと、速度が絞られます。

データ容量に制限がないことも、ソフトバンクエアーのメリットです。

無線LANルーターがいらない

ソフトバンクエアーには、すでにWi-Fi機能がついています。

そのため、無線LANルーターを別途用意する必要がありません。

ひろぽん

光回線をWi-Fi接続する場合には、無線LANルーターが必須です。

ソフトバンクエアーだけを用意すれば、Wi-Fi接続ができるのはメリットですよね。

スマホ料金が安くなる

ソフトバンクエアーを使うと、ソフトバンクスマホの料金が安くなります。

1台あたり最大で1,100円の割引が適用されるので、一人暮らしでもスマホ代が年間13,200円もお得に!

※LINEMOはスマホ割対象外

スマホ料金が安くなるのも、ソフトバンクエアーのメリットです。

ソフトバンクエアーのデメリット

SoftBank Air デメリット編

ソフトバンクエアーのデメリットについて。

  1. 通信速度が不安定
  2. 自宅でしか使えない
  3. 5Gに対応していない
  4. 解約費用が高い

1つずつ解説します。

通信速度が不安定

ソフトバンクエアーの通信速度は、安定していません。

最大通信速度は962Mbpsとなっていますが、実際の速度はだいぶ異なります。

時間帯下り上りping
95.589.2253.57
68.556.9047.80
夕方23.606.3847.32
17.285.0859.14
深夜65.576.9647.17
ソフトバンクエアーの通信速度

夕方から夜にかけて、通信速度がだいぶ遅いと感じます。

特に夜の数値は、YouTubeを観るのにも苦労するレベルです。

通信速度が安定しないのは、モバイル回線であるが故のデメリットになります。

自宅でしか使えない

ソフトバンクエアーはホームルーターなので、持ち運びはできません。

外出先でも使いたい場合には、WiMAXやポケットWi-Fiを利用しましょう。

ソフトバンクエアーはあくまでも、光回線の代わりと捉えておく必要があります。

5Gに対応していない

ソフトバンクエアーは、ソフトバンクの4G/LTE回線を利用しています。

そのため、5Gには対応していません。
(2021年8月現在)

5G対応のホームルーターを検討している人は、WiMAXをおすすめします。

WiMAXのホームルーターについては、「WiMAXの5G対応ホームルーターのレビュー|光回線はいらない?」にまとめました。

解約費用が高い

ソフトバンクエアーの解約費用は高いです。

猶予期間外で解約をするときには、解約違約金10,450円がかかるほか、Airターミナル割賦払いの残債がかかります。

利用期間違約金残債合計
12ヶ月10,450円39,600円50,050円
24ヶ月0円19,800円19,800円
本体代36回払い時の解約費用
ひろぽん

24回の割賦払いにすると、契約期間の縛りと一緒になるのでおすすめです。
※その分、料金は高くなります。

解約費用が高いことも、ソフトバンクエアーのデメリットです。

ソフトバンクエアーの評判

SoftBank Air 評判・口コミ

ソフトバンクエアーの評判・口コミです。

通信速度についての辛口の評判が多いです。

モバイル回線を使っているので、通信速度は期待しない方が無難です。

ひろぽん

オンラインゲームをする人は避けた方が良いでしょう。

しかし、光回線の工事がNGだった人など、ソフトバンクエアーがあって助かったという声もありました。

まとめ:ソフトバンクエアーのメリット・デメリット

ソフトバンクエアーのメリットとデメリットをまとめました。

ソフトバンクエアーがおすすめの人

・光回線が自宅に引けない人
・ネット回線にこだわらない人
・すぐにネットを使いたい人
・転勤などで引越しが多い人
・ソフトバンクユーザー

コンセントに挿すだけで、ネット環境が整えられるソフトバンクエアー。

光回線の工事ができないマンションにお住まいの人や、なんでもいいからネット環境を整えたいという人におすすめです。

公式サイトで申し込むと9月14日まで、合計20,000円のキャッシュバックがもらえます。

ソフトバンクエアーを検討している人は、ぜひ参考にしてみてください。

≫ ソフトバンクエアーの公式はコチラ

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアください

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる