【必見】フレッツ光クロス(10ギガ)のリアルな評判・口コミとは?

当ページのリンクには広告が含まれています。
フレッツ光クロスの評判

フレッツ光クロスとは、NTT東日本/西日本が提供するフレッツ光の10ギガ回線です。

これまで主流だったフレッツ光ネクストよりも速度が10倍も速くなるため、インターネット上のコンテンツがより快適になります。

こんな人におすすめの光回線
  • リモートワークを快適にしたい
  • 動画コンテンツをサクサク視聴したい
  • オンラインゲームを快適にしたい
  • 家族みんなでネットを利用している

でも、、、

  • 10ギガの通信速度って本当に速いの?
  • 1ギガと比べて料金はどれくらい高いの?
  • 実際のユーザーからの評判はどうなの?

そんな不安が頭をよぎりますよね。

そこで本記事では、フレッツ光クロスを実際に利用しているユーザーの評判や口コミから、通信速度や料金について分析をしてみました。

10ギガ回線の利用を検討している人は、ぜひ本記事を最後までご確認ください。

\ 詳細ページはコチラ /

最大79,000円のキャッシュバック!

アバター

この記事を書いた人:ひろぽん

通信業界歴15年の副業ブロガー。光回線やIoT機器などを提案中。本ブログは、忖度なしに色々なサービスをレビューしています。

目次

フレッツ光クロスの評判と口コミ

フレッツ光クロスの公式サイト
出典:フレッツ光クロス公式サイト

それでは早速、フレッツ光クロスを実際に利用しているユーザーの評判と口コミをご紹介していきます。

通信速度の実測値が速い!

1ギガ回線のフレッツ光ネクストから、フレッツ光クロスに乗り換えた方の意見です。

乗り換え前のフレッツ光ネクストでは、速度実測値が300~600Mbpsだったとのこと。

10ギガ回線のフレッツ光クロスに乗り換えることで、文字通り1ギガ回線よりも10倍速くなることがわかりました。

フレッツ光クロスを利用すれば、どんなコンテンツでも速度のストレスが解消され、快適なネット環境を整えることができるでしょう。

集合住宅でも契約しやすい!

フレッツ光クロスが、他社専有回線よりも集合住宅で使いやすい理由を説明されています。

すでにフレッツ光ネクストが導入されている集合住宅でも、フレッツ光クロスに切り替える場合には設備の増強工事が必要になります。

ただしフレッツ光ネクストの既存設備を流用できるため、新たにビス留めや穴あけなどの工事は実施されません。

フレッツ光マンション工事

そのため、建物の大家さんからの承諾を得やすく、許可が出ないことはまずないでしょう。

しかしNURO光などの専有回線を利用する光回線を導入する場合には、新たにビス留めや穴あけ工事が必要になるケースがあります。

ビス留めや穴あけ工事は建物の外観を損なうという理由から、導入NGとなるケースも少なくはありません。

プロバイダの料金が高すぎる

フレッツ光クロスは光コラボレーションモデルとは異なり、プロバイダとの契約が必要です。

評判・口コミにもある通り、フレッツ光クロス対応のプロバイダ料金が大幅に値上げとなっており、その負担額は2~5倍にもなります。

プロバイダ1ギガ料金10ギガ料金
ぷらら
※戸建てのみ
1,100円1,100円
hi-ho979円1,980円
BBエキサイト550円2,420円
AsahiNet770円1,320円
1ギガと10ギガのプロバイダ料金比較

10ギガ回線を利用したい。でも料金は少しでも安くしたい!という人は、プロバイダ料金がコミコミの光コラボの利用をおすすめします。

上位回線はフレッツ光クロスが利用されているため、回線スペックは維持されたままで、お得な料金設定で提供されています。

そもそもフレッツ光クロスとは?

フレッツ光クロスとは、NTT東日本/西日本が提供するフレッツ光の10ギガプランです。

運営会社NTT東日本/西日本
光回線の種類共有型
提供エリア北海道・宮城・東京・神奈川
千葉・埼玉・新潟・愛知・岐阜
三重・静岡・大阪・兵庫・京都
滋賀・奈良・和歌山
速度実測値下り:1145.60Mbps
上り:1442.82Mbps
Ping:12.25ms
月額料金東日本:6,050円
西日本:5,720円
※別途プロバイダ契約が必要
契約期間東日本:縛りなし
西日本:24ヶ月
セット割なし
特典月額料金割引
フレッツ光クロスの概要

NTT東西が運営する10ギガ回線

フレッツ光クロスは、NTT東日本/西日本が運営する光回線で、従来のフレッツ光ネクストよりも通信速度が10倍も速くなっています。

プラン最大通信速度
フレッツ光ネクスト最大1Gbps
フレッツ光クロス最大10Gbps

リモートワークや動画コンテンツの視聴をはじめとし、オンラインゲームでも快適に接続することができます。

また提供エリアは一部地域に限定されていますが、2023年12月20日には北海道・宮城県・新潟県にもエリアが拡大を予定されています。

プロバイダとも契約する必要がある

フレッツ光クロスは、光回線のみの契約となるため、回線契約と同時に10ギガ対応のプロバイダとも契約が必要になります。

東日本西日本
回線利用料6,050円5,720円
プロバイダ
ぷららの場合
1,100円1,100円
料金合計7,150円6,820円
フレッツ光クロスとプロバイダ料金の合計

そのため、フレッツ光クロスとプロバイダがセットになった光コラボ版の10ギガ回線よりも、毎月の料金は割高と感じてしまうでしょう。

\ 詳細ページはコチラ /

最大79,000円のキャッシュバック!

フレッツ光クロスの通信速度は?

フレッツ光クロスは、光回線の速度ランキングで現在2位となっている高速光回線です。

フレッツ光クロスの速度の実測値や反応速度について、内容を確認してみましょう。

速度実測値でも1Gbpsを超える

フレッツ光クロスは最大通信速度が10Gbpsと超高速回線のため、実際に測定した速度(=実測値)でもその速さが目立ちます。

時間帯ダウンロードアップロード
2111.34Mbps2597.09Mbps
1293.91Mbps1853.10Mbps
夕方1532.10Mbps1990.87Mbps
1393.11Mbps1818.44Mbps
深夜1758.75Mbps2143.97Mbps
有線接続時の速度実測

有線接続の場合には、すべての時間帯で速度実測値が1Gbpsを超えています。

これにより、動画のダウンロードやゲームのアップデートも時間帯を問わず、すぐに対応を完了させることができます。

ただしWi-Fi接続時の速度実測値は、1ギガ回線とあまり変わらないため、フレッツ光クロスを利用する場合には有線接続一択といえます。

反応速度が速い(低遅延)

フレッツ光クロスは通信速度のほかにも、反応速度を示すPing値も速いことが特徴です。

時間帯Ping(反応速度)
8.70ms
12.50ms
夕方9.95ms
10.35ms
深夜11.16ms
有線接続時のPing値

FPSのオンラインゲームでは、15ms以下のPing値が理想とされていますが、有線接続でもWi-Fi接続でも15msを下回っています。

そのため、ApexやPUBGなどのFPSゲームでもラグが少なく、ライバル達よりも有利にゲームを進めることができるでしょう。

フレッツ光クロスと主要光回線との速度比較

フレッツ光クロスと主要光回線の通信スペックを比較してみました。

通信速度の比較

フレッツ光と主要光回線4社とで、通信速度を比較してみます。

フレッツ光クロス1161.69Mbps
ドコモ光250.08Mbps
ソフトバンク光290.70Mbps
auひかり507.60Mbps
NURO光582.30Mbps
ダウンロードの速度比較

フレッツ光クロスは10ギガ回線のため単純比較はできませんが、主要光回線No.1のNURO光と比べても約2倍も速いことがわかりました。

まだまだ提供エリアは限定的ですが、一般プランの速度に物足りなさを感じていた人なら、フレッツ光クロスで解消されることでしょう。

反応速度(Ping値)の比較

次にオンラインゲームで求められる、反応速度(Ping値)の比較も行いました。

フレッツ光クロス11.02ms
ドコモ光19.22ms
ソフトバンク光15.91ms
auひかり15.18ms
NURO光11.92ms
反応速度(Ping値)の比較

通信速度と同様に、フレッツ光クロスの反応速度はもっとも速い結果となりました。

Ping値:
数値が低い方が反応速度が速い

FPSゲームでは特に反応速度が求められ、理想的なPing値は15msといわれています。

そんな理想的なPing値で通信ができるフレッツ光クロスを使えば、オンラインゲームでも快適にプレイすることができるでしょう。

フレッツ光クロスの月額料金は?

フレッツ光クロスを利用するにあたって、必要になる月額料金の明細を確認していきます。

回線利用料

フレッツ光クロスは、お住まいの地域によって回線利用料が異なります。

エリア回線利用料
NTT東日本6,050円
※12ヶ月間は770円の割引が適用
NTT西日本5,720円
※割引適用時
フレッツ光クロスの回線利用料

あれ?他社10ギガ回線よりも安くない?って思った人もいるでしょう。

しかしフレッツ光クロスでは、プロバイダ料金が含まれていないため、回線契約とは別にプロバイダとの契約も必要になります。

フレッツ光クロスを利用する場合には、次のプロバイダ料金も確認しておきましょう。

プロバイダ料金

フレッツ光クロスでは光コラボのようにプロバイダが含まれていないため、別途プロバイダとの契約が必要になります。

プロバイダ料金
ぷらら
※戸建てのみ
1,100円/月
hi-ho1,980円/月
BBエキサイト2,420円/月
Asahiネット1,320円/月
フレッツ光クロス対応のプロバイダ例

つまりフレッツ光クロスを契約する際は、回線利用料+プロバイダ料金の合算金額がかかってしまうというわけです。

東日本西日本
回線利用料6,050円5,720円
プロバイダ
ぷららの場合
1,100円1,100円
料金合計7,150円6,820円
フレッツ光クロスとプロバイダ料金の合計

そのため、光回線を検討する際には、プロバイダ料金もあわせて比較する必要があります。

10ギガ対応レンタルルーター

フレッツ光クロスでは、オプション契約で10ギガ対応のWi-Fiルーターがレンタルできます。

10ギガ対応ルーター:550円/月

レンタル料金を払いたくなければ、自前のルーターを利用することも可能です。

筆者

ただし10ギガ対応ルーターはまだまだ高額なので、3万円以上の出費になります。

ちなみに1ギガ対応ルーターでもフレッツ光クロスを利用できますが、せっかくの10ギガ回線が1ギガまで速度が落とされてしまいます。

フレッツ光クロスを利用する場合には、10ギガ対応ルーターをレンタル、もしくは購入するようにしてください。

フレッツ光クロスの提供エリアは?

フレッツ光クロスが利用できるエリアは、まだまだ一部地域に限られています。

東日本の提供エリア
  • 東京都
    23区、狛江市、三鷹市、調布市、稲城市、小金井市、小平市、清瀬市、西東京市、東久留米市、東村山市、東大和市、府中市、武蔵野市、日野市、福生市、羽村市、あきる野市、国立市、国分寺市、青梅市、昭島市、多摩市、武蔵村山市、町田市、立川市、八王子市、西多摩郡瑞穂町
  • 神奈川県
    横浜市、川崎市、茅ケ崎市、綾瀬市、大和市、高座郡寒川町、足柄上郡開成町、横須賀市、海老名市、鎌倉市、厚木市、伊勢原市、逗子市、座間市、小田原市、秦野市、藤沢市、平塚市、足柄上郡松田町、足柄上郡大井町、足柄上郡中井町、中郡大磯町、中郡二宮町
  • 千葉県
    千葉市、市川市、習志野市、松戸市、白井市、浦安市、鎌ヶ谷市、流山市、市原市、成田市、船橋市、袖ケ浦市、大網白里市、東金市、八街市、木更津市、柏市、茂原市、八千代市、四街道市、君津市、銚子市、旭市、印西市、我孫子市、鴨川市、佐倉市、山武市、富里市、野田市
  • 埼玉県
    さいたま市、ふじみ野市、志木市、新座市、草加市、富士見市、北本市、和光市、蕨市、南埼玉郡宮代町、入間郡三芳町、三郷市、越谷市、戸田市、所沢市、川口市、八潮市、坂戸市、狭山市、飯能市、本庄市、羽生市、桶川市、加須市、吉川市、久喜市、熊谷市、幸手市、行田市、鴻巣市、春日部市、上尾市、深谷市、川越市、鶴ヶ島市、秩父市、朝霞市、東松山市、日高市、入間市、蓮田市、白岡市、児玉郡神川町、秩父郡小鹿野町、秩父郡横瀬町、比企郡滑川町、北葛飾郡杉戸町、北足立郡伊奈町
  • 北海道
    札幌市
  • 宮城県
    仙台市
  • 新潟県
    新潟市

※上記の市町村でも、未提供の地域があります

西日本の提供エリア
  • 愛知県
    名古屋市、岡崎市、豊川市、刈谷市、江南市、小牧市、津島市、春日井市、北名古屋市、半田市、瀬戸市、大府市、豊橋市、豊田市、安城市、あま市、知立市、長久手市
  • 静岡県
    藤枝市、袋井市、富士宮市、三島市、浜松市、焼津市、磐田市、静岡市、裾野市
  • 岐阜県
    岐阜市、美濃加茂市
  • 三重県
    津市、四日市市
  • 大阪府
    大阪市、東大阪市、八尾市、松原市、藤井寺市、堺市、茨木市、吹田市、大東市、門真市、豊中市、枚方市、高槻市、寝屋川市、岸和田市、守口市、箕面市、泉大津市、交野市、四条畷市
  • 兵庫県
    加古川市、伊丹市、神戸市、姫路市、尼崎市、西宮市、明石市、芦屋市
  • 京都府
    京都市、長岡京市、向日市、亀岡市、八幡市
  • 奈良県
    奈良市、橿原市、香芝市
  • 滋賀県
    草津市、彦根市、大津市、長浜市、守山市、栗東市
  • 和歌山県
    和歌山市、田辺市

※上記の市町村でも、未提供の地域があります

上記リストに入っていても、お住まいの場所によっては、未提供の場合があります。

最終的には、公式サイトや申し込みサイトなどで郵便番号を入力し、フレッツ光クロスの提供エリアかどうかを確認しましょう。

\ 詳細ページはコチラ /

最大79,000円のキャッシュバック!

フレッツ光クロスの注意点とは?

フレッツ光クロスを利用する上で、気をつけておきたい注意点をご説明します。

基本工事費が必ず発生する

フレッツ光クロスを利用する場合には、開通工事もしくは設備更新工事が行われるため、必ず基本工事費が発生します。

料金プラン基本工事費
ファミリータイプ22,000円
マンションタイプ22,000円
フレッツ光クロスの基本工事費

2023年12月1日に価格改訂。
旧価格:ファミリー19,800円
    マンション16,500円

仮にフレッツ光ネクストからクロスに切り替える場合でも、開通工事の立ち会いが発生し、基本工事費は免除されることはありません。

基本工事費は24回の分割払い。
途中解約時には、工事費の残債を一括で支払う必要があります。

10ギガ対応のパソコンが必要

フレッツ光クロスを利用する場合には、パソコンやスマートフォンも10ギガ対応に変更しておく必要があります。

接続方法必要なスペック
有線接続10GBASE-T
Wi-Fi接続11ax(Wi-Fi6)
接続方法と必要なスペック

旧世代のパソコンやスマートフォンでもフレッツ光クロスを利用できますが、10ギガ本来のスペックを発揮させることはできません。

有線接続の場合には、LANアダプタやLANカードが必要になります。

10ギガ対応のWi-Fiルーターが必要

10ギガ回線のフレッツ光クロスのスペックを最大限に発揮させるためには、10ギガ対応のWi-Fiルーターを用意する必要があります。

ただし10ギガ対応のWi-Fiルーターの価格は3万円以上もすることが多く、準備費用に大きな負担を生じることとなります。

そのため、Wi-Fiルーターの持ち出しがないという人は、NTT東日本/西日本が用意しているレンタルWi-Fiルーターを利用しましょう。

≫ レンタルルーターの詳細に戻る

10ギガ対応のLANケーブルが必要

さらにフレッツ光クロスのスペックを最大限に発揮させるには、LANケーブルのカテゴリーも重要になってきます。

カテゴリー最大速度伝送帯域
CAT840Gbps2000MHz
CAT710Gbps600MHz
CAT6A10Gbps500MHz
CAT61Gbps250MHz
CAT5e1Gbps100MHz
CAT5100Mbps100MHz
LANケーブルの規格

これまでのLANケーブルではCAT5eの規格が主流でしたが、10ギガを利用するならCAT6A以上の規格を利用する必要があります。

旧規格のLANケーブルを繋いでもフレッツ光クロスは利用できますが、PCやWi-Fiと同様に対応速度まで通信速度は下がってしまいます。

スマホセット割に未対応

フレッツ光クロスでは、他社光回線のようなスマホのセット割には対応していません。

そのため、スマホセット割を利用して少しでも通信費用を下げたいという場合には、以下の10ギガ回線がおすすめといえます。

光回線対象キャリア
ドコモ光ドコモ
ソフトバンク光ソフトバンク
ワイモバイル
auひかり
コミュファ光
eo光
ピカラ光
BBIQ光
au
UQモバイル
NURO光ソフトバンク
enひかりクロスahamo
povo
UQモバイル
スマホセット割が適用される10ギガ回線

対象のスマホキャリアを利用している人は、フレッツ光クロスよりも上記10ギガ回線を利用した方がお得になります。

フレッツ光クロスの解約方法は?

フレッツ光クロスの解約方法や注意点についてもご紹介しておきます。

NTT東日本エリアの場合

NTT東日本エリアでフレッツ光クロスを解約する場合には、以下ページで手続きが可能です。

≫ NTT東日本の解約ページはこちら

NTT東日本エリアでは、フレッツ光の契約期間は設けられていないため、いつ解約しても違約金はかかりません。

ただし24ヶ月以内の解約する場合には、工事費の残債を一括で支払う必要があります。

またNTT東日本からレンタルしているONUやルーターについては、送付される返送用キットで速やかに返送してください。

仮に返送をし忘れると、機器損害賠償金が請求されてしまいます。

NTT西日本エリアの場合

NTT西日本エリアでフレッツ光クロスを解約するには、以下のページで手続きが可能です。

≫ NTT西日本の解約ページはこちら

また、NTT西日本にはフレッツ光クロスの割引キャンペーンが行われていますが、同時に24ヶ月間の契約期間の縛りがついています。

利用開始から24ヶ月以内に解約すると工事費残債に加えて、違約金4,400円が請求されてしまうので注意しておきましょう。

加えて機器の返却をしない場合には、NTT東日本と同様に機器損害賠償金がかかるので、解約したら速やかに機器の返却をしてください。

フレッツ光クロスでよくある質問

フレッツ光クロスについて、よくある質問をまとめました。

フレッツ光ネクストとの違いは?

フレッツ光クロスは、最大10Gbpsの超高速光回線です。

フレッツ光ネクストよりも、10倍近く通信速度が速くなっています。

1ギガ回線から切り替えできますか?

フレッツ光クロスを利用するには、設備の更新を行う必要があります。

すでに1ギガ回線を利用している場合でも、10ギガ対応の工事が必要です。

10ギガ未対応のPCでも利用できる?

利用はできますが、PCのスペックまでの速度に制限されてしまいます。

フレッツ光クロスのスペックを最大限に利用したい場合には、10ギガ対応のPCを利用してください。

自前のルーターでも利用できますか?

自前のルーターでも利用できます。

ただしPC同様に、10ギガ対応ルーターでない場合には、フレッツ光クロスを最大限に活用できません。

光コラボと何が違うの?

光コラボは、フレッツ光とプロバイダがセットになっています。

そのため、フレッツ光クロスを利用するより料金がお得になり、各種キャンペーンの利用が可能となります。

まとめ

フレッツ光クロスについての評判や通信速度、料金や提供エリアなどをまとめました。

運営会社NTT東日本/西日本
光回線の種類共有型
提供エリア北海道・宮城・東京・神奈川
千葉・埼玉・新潟・愛知・岐阜
三重・静岡・大阪・兵庫・京都
滋賀・奈良・和歌山
速度実測値下り:1145.60Mbps
上り:1442.82Mbps
Ping:12.25ms
月額料金東日本:6,050円
西日本:5,720円
※別途プロバイダ契約が必要
契約期間東日本:縛りなし
西日本:24ヶ月
セット割なし
特典月額料金割引
フレッツ光クロスの概要

フレッツ光クロスは最新の10Gbpsにも対応しており、実際に利用しているユーザーからの評判や口コミは非常に良いことがわかりました。

  • オンラインゲームを快適にプレイしたい
  • 回線を気にせずにリモートワークがしたい
  • 家族みんなでネット回線を利用したい

フレッツ光クロスは、あなたのこんな要望を叶えることができるでしょう。

\ 詳細ページはコチラ /

最大79,000円のキャッシュバック!

ただしフレッツ光に強いこだわりがないのであれば、光コラボレーションモデルの10ギガ回線を利用した方が月額料金がお得になります。

上位回線はフレッツ光クロスが利用されているので通信速度が速く、毎月1,500円以上も月額料金を抑えることができますよ。

スポンサーリンク

フレッツ光クロスの評判

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアください
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次