光回線でもVDSLなら速度が遅い!光配線方式とVDSL方式の違い

光回線でもVDSLなら速度は遅い

VDSL方式とは、マンション・アパートのインターネット設備の一部に電話ケーブルが使われていることを意味します。

建物内に光ファイバーが配線できない場合にVDSL方式が採用され、URなどの古いマンションで多く利用されています。

しかしVDSL方式の通信速度は光配線方式と比べると、1/10しか出せません。

そこで通信会社に勤める私ひろぽんが、VDSL方式と光配線方式の違いを解説していきます。

この記事がおすすめの人
  • 光対応マンションで光回線を利用しているが、いつも速度が遅い人
  • 現在利用している光回線が光配線 or VDSLかを知りたい人
  • VDSL方式だった場合の改善方法や事前対策を知りたい人
目次

光回線でもVDSLなら速度が遅い?VDSL方式について説明します

青空とマンション

VDSL方式は、マンション・アパートで利用される配線方式の1つです。

まずはVDSL方式の特徴について、ご説明していきます。

建物の共有部から部屋のコンセントまで電話ケーブルが利用されている

VDSL方式の特徴として、建物の共有部から部屋のコンセントまで、既設の電話ケーブルが利用されています。

建物の共有部から部屋までの配線ルートに何らかの不具合があり、光ファイバーが配線できない場合にVDSLで代用されます。

筆者

VDSL方式でも「光対応」と表記されているので、注意してください。

VDSL方式では光回線を利用しても最大100Mbpsまでしか出せない

VDSL方式では、光回線を契約しても最大通信速度が100Mbpsまでとなります。

光ファイバーの1/10の速度となるため、昨今のネット事情を考慮するとやはりVDSLは遅いと言えます。

コンテンツ必要な実測値
ウェブ閲覧10Mbps
動画視聴(4K)30Mbps
Web会議30Mbps
オンラインゲーム100Mbps
コンテンツ別 通信速度の目安
筆者

VDSLの実測値は、20~50Mbpsと言われています。

VDSL方式でも光配線方式でも光回線の料金は変わらない

VDSL方式でも光配線方式でも、光回線各社の料金は基本変わりません。

光回線
ドコモ光4,400円
ソフトバンク光4,180円
楽天ひかり4,180円
大手光回線のマンションタイプの料金
筆者

100Mbpsと1Gbpsの料金が同じって、納得いかないですよね。

auひかりとeo光は、VDSL方式と光配線方式とで料金は異なります。

電話ケーブルを利用していてもG.fast方式だったら速度は速い

高速で動く歩く歩道

VDSL方式の速度を改善するために、G.fast方式という新しいマンションタイプがあります。

G.fast 方式はVDSLと同じく電話ケーブルを利用しますが、最大速度が1Gbpsと光配線方式と変わりません。

auひかりでG.fast 方式が採用されていて、「マンションタイプG」として提供されています。

実際の測定結果

回数下り上りPing
1回目440Mbps78Mbps8ms
2回目400Mbps84Mbps9ms
3回目430Mbps88Mbps6ms
4回目430Mbps100Mbps8ms
5回目430Mbps74Mbps8ms
平均426Mbps84.8Mbps7.8ms
auひかり マンションタイプG 実測値
筆者

下りの速度は、光配線方式と遜色ありません。

光回線がVDSL方式だった場合は速度を改善方法があるの?

右肩上がりの矢印でできた階段

自宅の光回線がVDSL方式だった場合、残念ながら1Gbpsの利用はできません。

そこでVDSL方式だった場合に、速度を改善する方法を説明していきます。

IPv6接続オプションに加入する

光回線の接続方式には、IPv4接続とIPv6接続の2種類があります。

IPv4接続は従来の接続方式で、インターネットの急速な普及に伴い、IPアドレスの枯渇が問題となっています。

その問題を解決するためにIPv6接続が新たに作られ、IPv4接続よりも混雑が起きづらいとされています。

VDSL方式は最大100Mbpsと遅いので、混雑に巻き込まれたら使い物になりません。

そのため、IPv6接続オプションを利用し、速度を落とさないようにした方が良いでしょう。

筆者

光回線によっては、IPv6接続オプションに追加料金がかかる場合があります。

マンションタイプを捨てて戸建てタイプと契約する

マンションタイプがVDSL方式であった場合には、戸建てタイプを検討しましょう。

戸建てタイプであればマンションの設備を利用しないため、光ファイバーが新設されます。

ただし光ファイバーの配線ルートがなければ、壁に穴を空ける工事が発生するので、オーナー・管理会社から許可をもらうのは厳しいです。

筆者

VDSLは古い建物に多く、配線ルートがない場合が多々あります。

光回線を諦めてホームルーターに切り替える

正直VDSL方式であれば、自宅のネット環境を光回線でこだわる必要はありません。

5Gに対応したポケットWi-Fiやホームルーターで、代用することも検討しましょう。

5G対応エリア内であれば、VDSL方式の光回線よりも速度が速くなり、面倒な工事もいりません。

ドコモhome5Gの速度実測値

回数下り上りPing
1回目278Mbps26Mbps50ms
2回目197Mbps21Mbps49ms
3回目178Mbps19Mbps53ms
4回目146Mbps18Mbps53ms
5回目232Mbps24Mbps51ms
平均206Mbps21Mbps51ms
筆者

ただPing(反応速度)が遅いので、オンラインゲームには向きません。

ホームルーターを使うなら、ドコモhome5Gが最速でおすすめです。

まとめ

マンション・アパートで採用されている、VDSL方式についてまとめます。

マンションタイプのVDSL方式について
  • 光ファイバーの代わりに電話ケーブルが利用されたもの
  • 光回線でも最大100Mbpsまでと速度は遅い
  • マンションの設備なので、配線方式は選べない
  • G.fast方式なら光配線方式と同等の速度が出せる
  • VDSL方式なら戸建てタイプかモバイル回線で代用するのもあり

お住まいのマンション・アパートでVDSL方式が利用されているなら、残念ながら1Gbpsの利用はできません。

速度測定サイトで常時50Mbps以下であるなら、速度の改善が必須です。

戸建てタイプへの切り替えが1番おすすめですが、こちらの記事も参考にしてみてください。

スポンサーリンク

光回線でもVDSLなら速度は遅い

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアください
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次