楽天ひかりの通信速度は遅いのか?【IPv6設定であれば問題なし】

楽天ひかりは楽天モバイルとの組み合わせで、月額料金が1年無料になるお得な光回線です。

しかしネット上では、「楽天ひかりは遅い!使えない!」との評判が出回っています。

果たして楽天ひかりは、本当に利用できないくらい遅い光回線なのでしょうか?

そこで本記事では、楽天ひかりの通信速度の測定結果をまとめ、仮に速度が遅い場合の対策までまとめました。

筆者

毎月の固定費を下げたい人や楽天経済圏の人は、最後までお付き合いください。

▼ 楽天ポイントを集めているなら ▼

【 筆者のプロフィール 】
光回線とIoT機器を扱う通信会社で働くサラリーマン。
本ブログでは光回線を中心に、各種サービスを解説しています。

目次

楽天ひかりの通信速度と他社比較

男性の手の中にある地球

楽天ひかりの通信速度について、説明していきます。

楽天ひかりの最大通信速度は1Gbps

楽天ひかりは、フレッツ光+プロバイダがセットになった光コラボの1つです。

光回線プロバイダ
楽天ひかりフレッツ光楽天ブロードバンド
ドコモ光フレッツ光ドコモnet他
ソフトバンク光フレッツ光Yahoo!BB

フレッツ光の光回線を利用しているので、最大通信速度は「1Gbps」となります。

筆者

ドコモ光やソフトバンク光も光コラボなので、通信速度は変わりません。

プロバイダは、楽天ブロードバンド1つだけ。

ドコモ光のように、プロバイダを選ぶ必要はありません。

楽天ひかりの通信速度の測定結果

次に、楽天ひかりの実際の通信速度を見てみましょう。

平均速度
(下り)
平均速度
(上り)
308Mbps225Mbps
287Mbps217Mbps
夕方240Mbps192Mbps
185Mbps172Mbps
深夜293Mbps212Mbps
みんなのネット回線速度より

インターネットが混み合う時間帯である夕方~夜にかけて、通信速度が遅くなっています。

筆者

でも100Mbps以上あるので、問題ありませんよ。

各コンテンツに必要な通信速度はこちら。

コンテンツ必要な速度
4K動画視聴25Mbps以上
オンライン会議30Mbps以上
オンラインゲーム100Mbps以上

どの時間帯でも100Mbps以上がでているので、テレワークやオンライン授業もまったく問題ありません。

楽天ひかりと他社光回線の速度比較

次に楽天ひかりと主要光回線4社とで、実際に利用したときの通信速度を比較しました。

平均速度
(下り)
平均速度
(上り)
楽天ひかり200Mbps173Mbps
ドコモ光260Mbps204Mbps
ソフトバンク光308Mbps208Mbps
auひかり399Mbps348Mbps
NURO光502Mbps443Mbps
みんなのネット回線速度より

楽天ひかりの通信速度は、主要光回線の中では1番遅い結果となりました。

ツイッターでも、「楽天ひかりは遅い!使えない!」という口コミが多いです。

しかしその逆に、「楽天ひかりで通信速度が速くなった!」との口コミもありました。

回線くん

同じ楽天ひかりなのに、この差はなに?

筆者

その理由を次の項目で解説していきます。

楽天ひかりの通信速度が遅い理由と対処法

選択肢を考える男性

楽天ひかりが遅くなる理由と、その対策を説明します。

遅い理由1:光配線方式でない

楽天ひかりが遅くなる理由の1つに、部屋の末端まで光配線方式でない場合が考えられます。

お住まいのマンションによっては、光ファイバーの工事ができず、電話線(VDSL方式)で代用される場合があります。

配線方式最大速度
光配線方式1Gbps
(=1000Mbps)
VDSL方式100Mbps
回線くん

速度がぜんぜん違う。。

筆者

楽天ひかりに申し込む前に、必ず配線方式を確認しておきましょう。

光配線に対応しているマンションなら、「光コンセント」がついています。

光コンセント

ただし、過去1度も光回線の契約がされていない部屋であった場合には、光コンセントがついていません。

光コンセントがついていない場合には、念のため楽天ひかり(0120-987-600)に確認しておきましょう。

回線くん

もし光配線方式が使えないマンションだったら?

残念ながらVDSL方式では、100Mbps以上の速度がでません。

筆者

VDSL方式しか使えないなら、NURO光か5G対応のホームルーターがおすすめです!

遅い理由2:Wi-FiルーターがIPv6に対応していない

楽天ひかりはオプション契約不要で、最新の通信方式(IPv6)が利用できます。

しかしIPv6を利用するには、IPv6に対応したWi-Fiルーターを用意する必要があります。

回線くん

どのWi-Fiルーターを用意すればいいの?

IPv6に対応したWi-Fiルーターと設定方法は、楽天ひかり「IPv6設定方法」で確認することができます。

IPv6に対応していないWi-Fiルーターでも、従来の通信方式(IPv4)でインターネットを利用することができます。

が、夜間帯などの混雑する時間帯には、通信速度は遅くなる傾向にあります。

平均速度
(下り)
平均速度
(上り)
IPv6
(IPoE接続)
290Mbps210Mbps
IPv4
(PPPoE接続)
155Mbps153Mbps
筆者

詳しいことがよくわからない!という人は、とりあえずNECの「WG2600HP4」を買っておきましょう。

遅い理由3:夜間帯はユーザーが集中する

楽天ひかりを含む光コラボは、夕方から夜にかけて通信速度が遅くなる傾向にあります。

光コラボは1つの光回線を各社が共有して使っているため、通信回線が混雑しやすいというわけです。

さらに楽天ひかりはプロバイダが1社のみのため、すべてのユーザーが楽天ブロードバンドに集まってきます。

筆者

プロバイダ内で処理が追い付かず、通信速度が遅くなる原因の1つです。

光配線方式+IPv6でも通信速度が改善しない場合には、他社に乗り換えるしか速度改善は見込めません。

テレワークやオンライン授業でストレスを感じたくない!という人なら、無難にNURO光にしておきましょう。

それでも楽天ひかりがおすすめな人

顧客レビューを指でさす

楽天ひかりをはじめとする光コラボは、通信速度が遅くなりやすいデメリットがあります。

しかし楽天ひかりには、それ以上におすすめできるメリットもあります。

楽天モバイルのユーザーは月額料金が1年無料!

楽天ひかりは、楽天モバイルのユーザーであれば、月額料金が1年無料になります。

戸建てマンション
月額料金
(1年目)
3,080円0円1,980円0円
月額料金
(2年目以降)
5,280円4,180円
筆者

1年間タダで使えるのは、楽天ひかりだけ!

毎月の固定費を浮かせたい!という人には、楽天ひかり+楽天モバイルがおすすめです。

▼ 楽天ひかりとセットで契約するなら ▼

楽天市場でのポイントが+1倍になる!

楽天ひかりのユーザーであれば、楽天市場でのポイントが通常の+1倍になります。

例えばポイント還元率が3.5倍なら、楽天ひかりに加入するだけで還元率が4.5倍に増えます。

筆者

10,000円の商品を楽天市場で購入した場合、通常350ポイントのところ余分に100ポイントが付与されます。

さらに楽天モバイルとのセットで、ポイント還元率が+2倍になり、楽天ひかりが1年間タダになります。

まとめ

楽天ひかりは、テレワークやオンライン授業に十分対応できる速度で利用できます。

ただし初期設定のままでは、通信速度が遅い場合があるので要注意。

通信速度が遅い場合には、IPv6に対応したWi-Fiルーターを購入・設定したりと、多少インターネットの知識が必要になる場合があります。

それでも月額料金が1年間無料になったり、楽天ポイントの還元率が上がるなど、魅力的な光回線であるのは間違いありません。

筆者

楽天ポイントを集めているなら、楽天ひかりはおすすめの光回線です。

▼ 楽天ポイントを集めているなら ▼

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアください

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる