【比較】NURO光と楽天ひかりを検証【どっちがおすすめ?】

ひろぽん

本記事の筆者のひろぽん(@hiropon_cafe)と申します。

今回は、NURO光と楽天ひかりについて比較していきます。

質問くん

NURO光は速度が速いけど、楽天ひかりは料金が安いイメージ。
実際に使うなら、どっちがおすすめ?

そんな疑問にお答えします。

NURO光は独自回線(=NUROユーザーしか使えない回線)を利用しているため、どこよりも通信速度が速いです。

楽天ひかりは楽天モバイルとセットで申し込むと、光回線の月額基本料が1年間無料になります。

そこで本記事では、NURO光と楽天ひかりの2つの回線を比較してみました。

通信速度の速さNURO光
料金の安さ楽天ひかり
開通までの期間楽天ひかり
提供エリアの広さ楽天ひかり

本記事を読めば、NURO光と楽天ひかりの違いと、あなたにピッタリな光回線がわかります

【本記事の筆者】
光回線を利用したシステムやIoT機器を取り扱っている通信会社に勤務。
仕事で学んだ知識をブログにまとめています。自宅の光回線は、NURO光です。

※本記事の料金はすべて消費税(10%)込みです。

目次

NURO光と楽天ひかりのスペック・料金など比較してみました

AかBかどっち

カタログ上のスペック・料金を比較しました。

項目NURO光楽天ひかり
通信速度2Gbps1Gbps
工事費
・戸建て
・マンション

44,000円
44,000円

19,800円
16,500円
月額料金
・戸建て
・マンション

5,217円
5,217円

5,280円
4,180円
開通期間2~3ヶ月1~2ヶ月
登録費3,300円880円
解約金10,450円10,450円
提供エリア限定的全国
キャッシュバック45,000円なし
スマホ割ソフトバンク楽天モバイル
ひろぽん

それぞれの項目ごとに分析していきますね。

通信速度(カタログスペック)の比較

NURO光と楽天ひかりの通信速度の比較です。

サービス名通信速度
NURO光2Gbps
楽天ひかり1Gbps

NURO光は、独自の光回線+「G-PON」という世界基準の通信方式を組み合わせています。

通信速度が2Gbpsで利用でき、夜間や休日でも混雑しにくい光回線です。

対する楽天ひかりは、共有の光回線(=光コラボ各社でフレッツ回線をシェア)を利用し、「GE-PON」という従来の仕組みを応用した通信方式を利用しています。

通信速度は1Gbpsとなり、他社回線の影響を受けやすい=混雑しやすい特徴を持った光回線です。

独自回線と光コラボの違い(NURO光・楽天編)

通信速度(実測値)の比較

次にNURO光と楽天ひかりが、実際にどれくらいの通信速度が利用できるかを比較します。

サービス名下り上りping
NURO光471.17409.3112.28
楽天ひかり187.71164.0530.91

みんなのネット回線より引用

【用語解説】
下り = ダウンロードの速度
上り = アップロードの速度
ping = 応答速度(小さいほど速い)

NURO光はすべての速度数値で、楽天ひかりを圧倒していました。

ひろぽん

NURO光は、テレワークや動画視聴をしていても、まったくストレスを感じません。

CMでも超高速インターネット!と謳っているだけはあります。

参考までに、コンテンツ別の必要な通信速度を記しておきます。

コンテンツ必要な通信速度
LINEやSNSのテキスト投稿1Mbps
SNSの画像投稿3Mbps
SNSやYouTubeの動画投稿10Mbps
動画視聴(4K)25Mbps
ZoomやTeams25Mbps
オンラインゲーム100Mbps

最低限、これ以上の通信速度があれば、ストレスなく通信ができるという目安です。

NURO光も楽天ひかりも、1番通信速度が必要なオンラインゲームがカバーできていますが、楽天ひかりは平均速度が187.71Mbpsなので、混雑する時間帯に多少不安が残ります。

ひろぽん

オンラインゲームをする人は、ゼッタイにNURO光がおすすめです。

工事費の比較

NURO光と楽天ひかりの工事費比較です。

サービス名工事費
NURO光
・戸建て
・マンション

44,000円
44,000円
楽天ひかり
・戸建て
・マンション
・屋内工事不要の場合
・機器交換のみの場合

19,800円
16,500円
8,360円
2,200円

NURO光の工事費は44,000円と高いですが、新規入会特典で工事費が実質無料になります。

月額料金工事費割引合計
5,217円1,4661,467円5,216円

30ヶ月以内に解約した場合には、工事費の残債を一括で支払う必要があります。

対する楽天ひかりは、戸建ての場合には60回、マンションの場合には50回の分割払いで、毎月330円の工事費が発生します。

タイプ月額料金工事費合計
戸建て5,280円330円5,610円
マンション4,180円330円4,510円

加えて、工事の内容によって4つの工事費があり、時間指定をした場合や夜間の割増料金もあります。詳しくは関連記事でご確認ください。

ひろぽん

申し込み前に、必ず確認しておきましょう。

月額料金の比較

NURO光と楽天ひかりの料金比較です。

サービス名料金
NURO光
・G2V(戸建て)
・G2V(マンション)

5,217円
5,217円
楽天ひかり
● 1年目
・ファミリープラン(戸建て)
・マンションプラン
● 2年目
・ファミリープラン(戸建て)
・マンションプラン


3,080円
1,980円

5,280円
4,180円

NURO光G2Vは、戸建て・マンションどっちも同じ料金です。

戸建てでもマンションでも、契約者ごとに光回線を引き込むので、サービス品質は全く同じです。

ひろぽん

夜間や休日でも、ネットがサクサク使えます!

一方の楽天ひかりは、戸建て・マンションで料金が異なります。

楽天ひかりのマンションプラン(1年目)だと、NURO光と比べて毎月3,237円も安くなります。

工事費の分割払いとして、月額料金に330円が加算されます。

開通期間の比較

NURO光と楽天ひかりの、申し込みから開通までの期間を比較します。

サービス名開通期間(目安)
NURO光2~3ヶ月
楽天ひかり1~2ヶ月

NURO光は開通までに、宅内工事と屋外工事の2つの工事が必要になります。

契約者ごとに別々の光回線を引き込むため、その分工事工程が多くなってしまいます。

ひろぽん

筆者の場合は、申し込み~開通が約1ヶ月半でした。

対する楽天ひかりは、申し込みから1~2ヶ月で光回線が開通します。

ドコモ光やソフトバンク光などの光コラボからの乗り換えであれば、ONU(光回線の終端装置)の交換だけで開通工事は完了します。

登録費・解約金の比較

NURO光と楽天ひかりの登録費・解約金の比較をします。

サービス名登録費解約金
NURO光3,300円10,450円
楽天ひかり
・新規
・転用

880円
1,980円

10,450円
10,450円

NURO光の登録費は3,300円ですが、楽天ひかりは新規申し込みの場合には880円。フレッツ光もしくは光コラボからの転用(=乗り換え)の場合には1,980円です。

解約金は、どちらも3,300円と同額でした。

最低契約期間
● NURO光:2年間
● 楽天ひかり:3年間

提供エリアの比較

NURO光と楽天ひかりの提供エリアを比較します。

サービス名提供エリア
NURO光限定的
楽天ひかり全国

NURO光は、提供エリアが限られています。

都道府県提供エリア
北海道札幌 小樽 千歳 恵庭 石狩 江別 室蘭 苫小牧 登別 北広島 石狩郡
関東東京 神奈川 埼玉 千葉 群馬 栃木 茨城
東海愛知 静岡 岐阜 三重
関西大阪 京都 兵庫 滋賀 奈良
中国広島 岡山
九州福岡 佐賀

一方の楽天ひかりは、フレッツ光が開通しているエリアであれば、全国どこでも利用ができます。

キャッシュバックの比較(公式サイト)

NURO光と楽天ひかりのキャッシュバックの比較をします。(公式サイトで申し込んだ場合)

サービス名キャッシュバック
NURO光45,000円
楽天ひかりなし

NURO光は下のリンクの公式サイトから申し込むと、無条件で45,000円のキャッシュバックが現金で受け取れます。

NURO光お得なキャッシュバック&割引特典!

ひろぽん

筆者も実際にこちらの公式サイトで申し込みました。

一方の楽天ひかりは、キャッシュバックなどの現金やポイントバックの特典はありません。

スマホセット割の比較

NURO光と楽天ひかりのスマホセット割の詳細を比較します。

光回線スマホキャリア条件
NURO光ソフトバンクNURO光でんわ
楽天楽天モバイル特になし

NURO光のスマホ割は、ソフトバンクのスマホ+NURO光でんわの加入が条件です。

エリア基本料金
北海道・関東550円
東海・関西・九州330円

対象のソフトバンクのスマホプランと割引額です。

契約プラン割引額
メリハリ無制限
ミニフィットプラン+
スマホデビュープラン
LINEMO
1,100円
1,100円
対象外
対象外
ひろぽん

一人暮らしだとスマホ割の恩恵をあまり感じませんね。

対する楽天ひかりは、楽天モバイルと楽天ひかりをセットで申し込むと、戸建てでもマンションでも月額料金が1年間無料になります。

ドコモやソフトバンクのような、毎月スマホが安くなるといった割引はありません。

ひろぽん

光回線の料金が、1年間無料になるのはオトクですよね。

NURO光と楽天ひかり、どっちがおすすめ?

どちらの扉か迷うビジネスマン

最後にNURO光がおすすめな人、楽天ひかりがおすすめな人を解説します。

通信速度の速さNURO光
料金の安さ楽天ひかり
開通までの期間楽天ひかり
提供エリアの広さ楽天ひかり

通信速度の速さを重視するならNURO光

サービス名通信速度平均速度
NURO光2Gbps471.17Mbps
楽天ひかり1Gbps187.71Mbps

通信速度を重視する人なら、NURO光がおすすめです。

NURO光の通信速度は、楽天ひかりの2倍。平均速度もNURO光が圧倒しています。

テレワークやオンラインゲームでストレスを感じたくない人は、NURO光を選びましょう。

ネットが重くて感じていたストレスを、もう感じることはなくなるでしょう。

料金の安さで選ぶなら楽天ひかり

サービス名料金
NURO光
・G2V(戸建て)
・G2V(マンション)

5,217円
5,217円
楽天ひかり
● 1年目
・ファミリープラン(戸建て)
・マンションプラン
● 2年目
・ファミリープラン(戸建て)
・マンションプラン


3,080円
1,980円

5,280円
4,180円

料金を重視するなら、楽天ひかりがおすすめです。

NURO光にも1年間980円の特典がありますが、楽天ひかりの場合には楽天モバイルとセットで申し込むことで、1年間の月額基本料が無料です。

NURO光の1年間980円プランを利用した場合、キャッシュバック45,000円は対象外となります。

1年間無料になることで、戸建てであれば36,960円、マンションであれば23,760円を浮かせることができます。

毎月の固定費を下げたいという人は、楽天ひかりを選びましょう。

1日でも早く使いたかったら楽天ひかり

サービス名開通期間(目安)
NURO光2~3ヶ月
楽天ひかり1~2ヶ月

NURO光は、宅内工事と屋外工事の2回に分かれるため、開通まで2~3ヶ月を覚悟しましょう。

その反面、通信速度は安定しますが、NURO光は開通期間が長いのがネックです。

対する楽天ひかりは宅内工事のみのため、1~2ヶ月程度で開通します。

さらにドコモ光やソフトバンク光などの光コラボからの切り替えなら、ONUの交換だけで開通工事が終わります。

1日でも早くネットを使いたい!という人には、楽天ひかりがおすすめです。

引越しが多い人は楽天ひかり

NURO光の提供エリアは、北海道・関東・東海・関西・九州と5つのエリアのみです。

転勤などでこのエリア以外に引越しをする場合には、継続できない=強制解約となります。

解約する際には、違約金や工事費の残債を支払う必要がでてきます。

対する楽天ひかりは、フレッツ回線が開通しているエリアなら全国どこでも利用ができます。

全国転勤の可能性がある人は、楽天ひかりがおすすめです。

まとめ:NURO光と楽天ひかりの比較

NURO光と楽天ひかりのスペック・料金を比較しました。

NURO光は筆者も利用していますが、とにかく通信速度が速いです。テレワークやオンラインゲームでもストレスをまったく感じません。

しかしその反面、工事期間が長く、全国には対応していないなど、不便と感じる面があるのも事実。

対する楽天ひかりは、通信速度は遅いものの、1年目の料金が無料だったり、全国に対応しているというメリットもあります。

ひろぽん

筆者は転勤族ですが、通信速度でストレスを感じたくなかったので、NURO光を選びました。

あなたの光回線選びに、ぜひ本記事を役立ててくださいね。

NURO 光の公式サイトはこちら↓↓

楽天ひかりの申し込みはこちら↓↓

楽天モバイルとセットで申し込むなら↓↓

NURO光とその他回線との比較記事はこちら。

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアください

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる