GMO光アクセスの料金まとめ【工事費・解約金も不要の格安光回線】

GMO光アクセスは、GMOインターネットが運営する光コラボの1つです。

主要光回線と比べると、月額料金が1,000円以上もお得になる場合も!?

そこで本記事では、GMO光アクセスの利用料や工事費などの料金をまとめました。

筆者

格安スマホを利用している人は、ぜひ最後までお付き合いください。

▼ 公式サイトはこちら ▼

【 筆者のプロフィール 】
光回線とIoT機器を扱う通信会社で働くサラリーマン。
本ブログでは光回線を中心に、各種サービスを解説しています。

目次

GMO光アクセスの料金について

priceと並んだサイコロ

GMO光アクセスの各種料金をご紹介。

戸建てマンション
月額料金4,818円3,773円
工事費19,800円
※実質無料
16,500円
※実質無料
事務手数料3,300円
キャッシュバックなし
オプションv6プラス
Wi-Fiルーター
スマホ割なし
解約違約金なし
※ただし60ヶ月以内に解約の場合、工事費残債の支払いがある
※本記事を経由した場合の料金プランです。

それぞれを見ていきます。

GMO光アクセスは、料金プランが2つ

GMO光アクセスの月額料金は、戸建てタイプorマンションタイプの2つだけ。

住んでいる建物の種類によって自動的にプランが決まるので、シンプルこの上なしです。

回線くん

これなら光回線が苦手な人でも、迷わないね!

筆者

Wi-FiルーターやIPv6もコミコミの料金設定です。

ただし、マンションに住んでる人は要注意!

電話ケーブルを利用するVDSL方式(最大100Mbps)でも、料金は変わりません。

光ファイバーが部屋まで配線してもらえるのか、事前にちゃんと確認しておいてください。

筆者

VDSL方式しか使えないマンションなら、NURO光かホームルーターがおすすめ!

GMO光アクセスは、工事費が実質無料

GMO光アクセスの工事費は、工事費と同額の値引きがあるので、実質的に無料です。

たとえば戸建てタイプなら・・。

名目料金
工事費(分割)330円
割引-330円
実際の工事費0円
回線くん

工事費がかからないのは、とってもお得だね!

ただし、途中で解約する場合は要注意!

GMO光アクセスの工事費は、60回の分割払い+割引の組み合わせで無料になっています。

途中でGMO光アクセスを解約してしまうと、割引も適用されなくなるのです。

結果、工事費の未払い分を一括で支払う必要がでてきます。

利用期間戸建てマンション
12ヶ月15,840円13,200円
24ヶ月11,880円9,900円
36ヶ月7,920円6,600円
48ヶ月3,960円3,300円
筆者

実質無料は、完全に工事費が無料になる!という意味ではないんです。

GMO光アクセスは、解約金がかからない

本記事を経由しての申し込みの場合には、GMO光アクセスの解約金はかかりません。

本記事を経由しないで契約すると、解約金は11,000円です。

回線くん

万が一の場合でも、解約金がかからないのは安心だね。

筆者

ちなみに月額料金も通常サイトから申し込むより、110円お得です。

▼ お得に申し込むなら ▼

GMO光アクセスと他社回線の料金比較

携帯電話会社の選択

GMO光アクセスと主要光回線、ホームルーターの料金比較をしてみます。

GMO光アクセスと主要光回線の料金比較

GMO光アクセスと主要光回線の料金比較です。

戸建てマンション
GMO光アクセス4,818円3,773円
ドコモ光5,720円4,400円
ソフトバンク光5,720円4,180円
auひかり5,720円4,565円
NURO光5,200円5,200円
回線くん

戸建て・マンションともに、1番安いんだね。

特に戸建てプランでは、スマホキャリアの3社と比べて、料金が圧倒的に安いです。

ただしGMO光アクセスには、スマホセット割はありません。
ドコモ・au・ソフトバンクのスマホを使っているなら、主要光回線を利用した方が安くなります。

GMO光アクセスとホームルーターとの料金比較

GMO光アクセスとホームルーターの料金です。

戸建てマンション
GMO光アクセス4,818円3,773円
ドコモ home 5G4,950円
UQ WiMAX4,268円
※26ヶ月以降、4,818円
ソフトバンクエアー5,368円
※ホームルーターは5G対応の料金プラン
回線くん

マンションタイプだと、ホームルーターよりも料金が安いんだね。

筆者

GMO光アクセスは通信も安定しているので、テレワークやオンライン授業もバッチリ対応できます。

GMO光アクセスの3つの注意点

警告・注意点

GMO光アクセスを使う上での3つの注意点をまとめました。

他社光コラボから乗り換えができない

GMO光アクセスは、転用や事業者変更ができません。

転用・事業者変更
通信機器の交換だけで、光回線の契約先を変更できるもの。
光ファイバーの工事がないので、工事費も安く、工事の待ち時間もいりません。

すでにフレッツ光もしくは、他社光コラボを利用している人は、GMO光アクセスを利用することができません。

筆者

初めて光回線を使う場合に限定されます。

スマホセット割がない

GMO光アクセスには、スマホセット割がありません。

家族全員が同じスマホキャリアを利用している場合は、主要光回線+スマホセット割を利用した方がお得です。

格安スマホや格安プラン(ahamo・povo・LINEMO)を使っているユーザー向けの光回線です。

5年以上使わないと工事費がかかる

GMO光アクセスは、工事費が60回の分割払いになっています。

工事費を完済する前に解約をしてしまうと、解約金はかからないものの、工事費の残債が請求されてしまいます。

利用期間戸建てマンション
12ヶ月15,840円13,200円
24ヶ月11,880円9,900円
36ヶ月7,920円6,600円
48ヶ月3,960円3,300円
回線くん

転勤などで引越しする場合は、どういう扱いになるの?

筆者

工事費の残債は支払う必要はありませんが、引越し先での工事費が発生します。

※引越し先での工事費は、工事が完了した月に一括で支払う形になります。

まとめ

GMO光アクセスの料金についてまとめました。

主要光回線と比べても、毎月の料金が安く、工事費や解約金も必要ありません。

GMO光アクセスがおすすめな人
  • 格安スマホを使っている人
  • 光回線の料金を下げたい人
  • 複雑な料金体系にウンザリしている人
筆者

さらに通信速度も1Gbpsなので、主要光回線と同じです。

そんなGMO光アクセスに申し込むなら、下のボタンからの申し込みがお得です。

▼ お得に申し込むなら ▼

回線くん

GMO光アクセスの通信速度ってどうなの?

そんな疑問がある人は、関連記事をご確認ください。

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアください

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる