enひかりとおてがる光を比較|おすすめの光回線はどっち!?

「enひかり」と「おてがる光」の比較

enひかりとおてがる光は、どっちを選んでも契約期間の縛りがありません。

そのため不定期な引越しを余儀なくされる転勤族には、enひかりもおてがる光もピッタリな光回線と言えます。

さらに毎月の利用料も業界トップクラスに安いので、通信費用を抑えたい人にもおすすめです。

質問くん

enひかりとおてがる光なら、どっちがおすすめ?

そんな疑問を解消するため、本記事ではenひかりとおてがる光の料金や速度、キャンペーンなどを比較しました。

少しでもお得な光回線を利用したい人は、ぜひ最後までお付き合いください。

【 筆者のプロフィール 】
印刷会社・印刷機材のメーカーを経て14年間、通信会社で働いています。
本ブログでは、ネット回線の選び方・ネット環境の改善方法をまとめています。

目次

enひかりとおてがる光の料金比較

電卓で費用の算出

enひかりとおてがる光の料金を比較します。

enひかりとおてがる光の基本料金

enひかりとおてがる光の基本料金から比較していきます。

提供タイプenひかりおてがる光
戸建てタイプ4,620円4,708円
マンションタイプ3,520円3,608円
10ギガ5,445円6,930円
enひかりとおてがる光の基本料金

戸建てタイプ・マンションタイプ・10ギガの3項目ともに、enひかりの方がおてがる光より基本料金が安く設定されています。

ただ、戸建てタイプとマンションタイプの差は88円なので、どっちを選んでも大差ありません。

しかし10ギガ回線では1,485円(年間17,820円)もお得になるので、10ギガ回線を検討している人は、enひかりがおすすめです。

≫ enひかりクロス(10ギガ)の詳細はこちら

enひかりとおてがる光の初期費用

enひかりとおてがる光の初期費用を比較します。

提供タイプenひかりおてがる光
戸建てタイプ16,500円19,800円
マンションタイプ16,500円16,500円
10ギガ16,500円19,800円
事務手数料3,300円3,300円
enひかりとおてがる光の初期費用

enひかりは提供タイプに関わらず、基本工事費は16,500円で統一されています。

しかしおてがる光は、戸建てタイプと10ギガの基本工事費が19,800円と割高です。

NTT光コンセントが設置されている場合には、enひかりもおてがる光も工事費は2,200円となります。

ただしおてがる光は工事費無料のキャンペーン中のため、今なら工事費が実質無料です。

光ファイバーの新設工事が必要な人は、おてがる光を選んだ方が初期費用を抑えられます。

ただし工事費が完全に無料になるには、最低12ヶ月以上の利用が必要です。

enひかりとおてがる光のオプション料金

enひかりとおてがる光の主なオプションの料金を比較します。

オプションenひかりおてがる光
IPv6198円165円
ひかり電話550円550円
ひかりテレビ825円825円
enひかりとおてがる光のオプション

IPv6のオプションはおてがる光の方が33円お得ですが、月額料金の差額も加味すると、enひかりの方が55円ほど安くなります。

標準のIPv4では時間帯によって回線混雑の影響を受けてしまい速度が遅くなってしまうので、enひかりでもおてがる光でもIPv6オプションは必ず加入しておきましょう。

≫ IPv4とIPv6の違いはこちら

ひかり電話とひかりテレビの利用料は、どっちも同じ料金に設定されています。

筆者

次に回線スペックについて比較していきます。

enひかりとおてがる光の速度比較

インターネット速度テストの結果

次に、enひかりとおてがる光の通信速度について比較していきます。

提供タイプenひかりおてがる光
戸建てタイプ1Gbps1Gbps
マンションタイプ1Gbps1Gbps
10ギガ10Gbps10Gbps
enひかりとおてがる光の最大通信速度

どっちもNTTフレッツ光回線を利用しているため、最大通信速度に違いはありません。

しかし実測値ベースでは、enひかりとおてがる光で速度が微妙に異なります。

提供タイプenひかりおてがる光
ダウンロード352.42Mbps312.85Mbps
アップロード307.83Mbps263.46Mbps
Ping値19.08ms17.82ms
enひかりとおてがる光の速度実測値

ダウンロードとアップロードではenひかりの方が速く、反応速度を示すPing値ではおてがる光の方が優れています。

Ping値とは・・
入力をしてから端末に反映されるまでの時間。数値が低い方が反応速度が速いことを示す。

どっちも300Mbpsを超えているため、テレワークはもちろんのこと、オンラインゲームでも問題なく対応できます。

ただし先述した通り、enひかりもおてがる光も回線混雑の影響を受けやすい光コラボのため、IPv6オプションには必ず加入しましょう。

enひかりとおてがる光のキャンペーン比較

赤いギフトボックス

enひかりとおてがる光では、キャンペーンの内容が大きく異なります。

enひかりのキャンペーン

enひかりとv6プラスの同時申込で、「Wi-Fiルーター大特価キャンペーン」が適用されます。

1ギガと10ギガに対応したWi-Fiルーターが、格安で手に入るキャンペーンです。

例えば1ギガ対応の5,000~6,000円するWi-Fiルーターが、1,100円+送料で購入することができます。

Wi-Fiルーターを新調するなら、enひかりのキャンペーンがおすすめです。

筆者

さらにenひかりクロスに申し込めば、基本工事費も無料になります。

おてがる光のキャンペーン

おてがる光のキャンペーンは、12ヶ月以上の利用で基本工事費が無料になります。

工事費の分割払いと同額の割引があるので、工事分割費用がかかりません。

そのため毎月の基本料金のみでおてがる光が利用できるので、とてもお得なキャンペーンです。

ただし12ヶ月未満で解約すると、工事費の未払い分が一括請求されるので、解約のタイミングには注意が必要です。

enひかりとおてがる光の提供エリアを比較

スマートフォンの地図アプリ

enひかりとおてがる光は、フレッツ回線をベースにした光コラボです。

フレッツ回線の人口カバー率は95%もあるので、基本的には全国どこでも利用することができます。

10ギガの提供エリアは、一部に限られています。

enひかりやおてがる光は、転勤などで地方エリアに引越しをする場合でも、サービスの継続利用が可能です。

NURO光や電力系光回線は、提供エリア外に引越しする場合はサービスの継続利用ができず、強制的に解約となります。

enひかりとおてがる光のスマホセット割を比較

スマートフォンとパソコンを使う男性

enひかりとおてがる光のスマホセット割を比較していきます。

enひかりおてがる光
3大キャリア適用なし適用なし
格安SIMUQモバイル
ahamo
povo
スマホセット割の比較

enひかりのスマホセット割

enひかりは、UQモバイルとahomo、povoのユーザーに月額料金が割引される特典があります。

主要光回線はスマホの料金が割引される仕組みですが、enひかりの場合にはenひかりの月額料金が100円/月割引される仕組みです。

月額料金
戸建てタイプ4,610円
➡ 4,510円
マンションタイプ3,510円
➡ 3,410円
enひかりクロス(10ギガ)5,445円
➡ 5,335円
割引後の料金

スマホ1台あたり1,100円が割引される主要光回線ほどの割引ではありませんが、UQモバイルとahamo、povoユーザーには嬉しい特典です。

おてがる光のスマホセット割

おてがる光には、月額料金がお得になるスマホセット割がありません。

しかし定期的に工事費無料のキャンペーンなどをやっているので、時期によってはenひかりよりも料金総額は安くなります。

まとめ

enひかりとおてがる光をまとめました。

  • 格安光回線で月額料金がお得!
  • 契約期間に縛りがない!
  • 通信速度はむしろ速い!
  • 10ギガを使うならenひかりがお得!
  • おてがる光は工事費が無料!
筆者

知名度はありませんが、どっちもお得な光回線です!

ドコモ光やソフトバンク光とはプロバイダが違うだけで、どっちもフレッツ回線を利用した光コラボの光回線です。

スペックや品質は大手光回線と同じなので、格安光回線の「enひかり」もしくは「おてがる光」を利用して、毎月の通信コストを見直しをしてみてはいかがでしょう。

スポンサーリンク

「enひかり」と「おてがる光」の比較

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアください
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次