ソフトバンク光の速度実測は意外と速かった【テレワークも問題なし】

本ブログは速度実測データから、ソフトバンク光は使える光回線なのか?をまとめた記事です。

フレッツ光を利用した光コラボの中で、ソフトバンク光はドコモ光についで2位に位置しています。

しかしネット上には、通信速度が遅い!接続できない!などの悪い口コミも目立ちます。

  • ソフトバンク光と契約しても大丈夫?
  • テレワークにも対応できるの?

そんな疑問を解消するため、実際にソフトバンク光の速度実測を測定しました。

結論:
光回線の中では、通信速度は普通。
テレワークも十分対応できる。

ソフトバンク光の通信速度に興味がある人は、ぜひ最後までお付き合いください。

▼ 公式サイトはコチラ ▼

【 筆者のプロフィール 】
光回線やIoT機器を取り扱う通信会社に勤めています。
ユーザー目線の情報を届けたいと思い、本ブログを立ち上げました。

目次

ソフトバンク光の速度実測をリアルに測定してみた結果

机に資料を出しながら、パソコンで調べものをしている女性

ソフトバンク光の通信速度はコチラ。

ダウンロード(下り)1Gbps
アップロード(上り)1Gbps

ただしあくまでも理論値であって、実際にここまでの通信速度は出せません。

家庭向けの光回線は、1本の光ファイバーに複数の利用者を紐づけているため。

そこで、実際に利用できる実測値が重要になってきます。

100Mbps以上の速度実測があれば、合格ラインです。

時間帯に関係なく100Mbps以上をキープしている!

まず初めに、時間帯別にソフトバンク光の速度実測を測定しました。

時間帯下り上りping
1803306.0
1803506.0
夕方1603105.0
夜間1703506.0
深夜1703606.0
平均1723405.8

下り=ダウンロードの速度
上り=アップロードの速度
ping=反応速度

高速回線と言えるレベルではありませんが、1日を通じて160Mbps以下になることはありませんでした。

利用者が増える夜間帯には通信速度は遅くなるのが一般的ですが、筆者の測定結果では160~170Mbpsと安定しています。

曜日別に測定しても100Mbps以上をキープしている!

次に、ソフトバンク光の速度実測を曜日別に測定しました。

曜日下り上りping
月曜日1602906.0
火曜日1503006.0
水曜日1503005.0
木曜日1703306.0
金曜日1502306.0
土曜日1803306.0
日曜日1703506.0
平均1613045.8

休日には利用者が増えるので速度が遅くなる傾向がありますが、今回の測定結果を見ると特別遅い曜日はありませんでした。

どの曜日でも150Mbps以下には落ちていないため、ソフトバンク光は安定している光回線と言えます。

結論:ソフトバンク光は超高速ではないものの、テレワークには十分対応できる光回線です。

光コラボの中では速い方だった!

ソフトバンク光と主要光回線4社の速度実測値を比較してみます。
※条件をそろえるため、外部サイトの測定結果を参照

光回線速度実測
ソフトバンク光305Mbps
ドコモ光259Mbps
楽天ひかり195Mbps
auひかり395Mbps
NURO光499Mbps

引用元:みんなのネット回線速度より

独自の光回線を使っているauひかり・NURO光と比べてしまうと、さすがに速度実測に差があることは否めません。

しかし光コラボの3社(ドコモ光・楽天ひかり)で比較をすると、速度実測はソフトバンク光が1番速い結果となりました。

「ゴミ回線」「速度が遅い」というネット上の口コミは、参考にならない情報でした。

▼ 公式サイトはコチラ ▼

ソフトバンク光の速度実測を最大限に速める2つの方法

ランニングマシンで走っている男性

ソフトバンク光の速度実測をお伝えしてきましたが、勘の鋭い読者の人は気がついたはず。

筆者が測定した実測と外部サイトの実測に、大きな違いがありましたよね?

というのも、筆者が測定したソフトバンク光は、1Gbpsの初期設定のままだったからです。

そこで、ソフトバンク光の速度実測を最大限に速める2つの方法を説明していきます。

IPv6高速ハイブリッド IPv6 IPoE + IPv4を利用する!

ソフトバンク光の速度実測を速める1つ目の方法は、「IPv6高速ハイブリッド IPv6 IPoE + IPv4」のオプションを利用することです。

このオプションを利用することで、混雑しているルートを避けることができ、通信速度を安定させることができます。

例えるなら、渋滞が頻発する主要道路しか案内しないカーナビから、渋滞を避けられる道路も案内してくれるカーナビに付け替えるイメージ。

ソフトバンク光の速度実測を安定させたいのであれば、加入しておいて損はありません。

「IPv6高速ハイブリッド IPv6 IPoE + IPv4」のオプション料金はかかりませんが、光BBユニット(513円/月)をレンタルする必要があります。

現在契約しているプランを見直す!

光回線は1度契約すると、プランを見直さない人がほとんどです。

しかし、光回線の通信速度は日進月歩で進化をしています。

現在契約しているプランを確認し、通信速度が遅いプランであれば変更をしましょう。

プラン名最大通信速度
ファミリー・ギガスピード1Gbps
ファミリー・ハイスピード200Mbps
ファミリー100Mbps
マンション・ギガスピード1Gbps
マンション・ハイスピード200Mbps
マンション100Mbps

※東日本エリアと西日本エリアでプラン名が異なります。

東京都内・大阪市内・名古屋市内の一部エリアかつ戸建て限定ですが、10Gbpsプランもリリースされています。

ただし、VDSL方式だった場合には効果がない!

マンションにお住まいの人は、部屋まで光回線が来るのか、既存の電話線を利用するのかを確認しておきましょう。

既存の電話線を利用する(VDSL)場合には、通信速度が最大でも100Mbpsしか出ません。

光回線かVDSLかの見分け方は、光コンセントの有無を確認するか、直接ソフトバンク光に問い合わせましょう。

ソフトバンク光がVDSL方式での提供だった場合には、ドコモ光や楽天ひかりなどの別の光コラボに申し込んでもVDSL方式でしか契約できません。

ソフトバンク光の速度実測が遅い場合の2つの対策

たくさんの疑問が浮かんでいる、パソコンを持った女性

次に、ソフトバンク光が遅い場合の2つの対策をご紹介します。

速度実測が50Mbps以下の場合には、改善しておきたいポイントです。

≫ 光回線の速度実測を調べるならコチラ!

光BBユニットの型番を確認する!

光BBユニットの種類は全部で4つあり、型番によっては通信速度が遅いものがあります。

型番最大通信速度
E-WMTA2.41Gbps
E-WMTA2.31Gbps
E-WMTA2.21Gbps
E-WMTA2.1100Mbps

※E-WMTA2.1はラベルに型番が表示されていません

いくら1Gbpsの光回線を利用していても、光BBユニットが100Mbps対応であれば、速度実測は確実に遅くなります。

レンタルしている光BBユニットが「E-WMTA2.1」だった場合には、1Gbps対応の機種に交換してもらいましょう。

光BBユニットは、コチラのページで交換依頼をすることができます。

接続しているWi-FiのSSIDを確認する!

光BBユニットの型番に問題がなかった場合には、Wi-FiのSSIDを確認しましょう。

SSIDには5GHzと2.4GHzの2種類が設定されていて、接続しているSSIDによって通信速度が異なります。

2種類のSSIDをそれぞれ接続して、速度の違いを確認してみました。

SSID速度実測
F660A-○○-A(5GHz)490Mbps
F660A-○○-G(2.4GHz)60Mbps

※測定結果はNURO光のもの

2.4GHzに接続しているのであれば、5GHzに接続し直せば、速度実測が改善します。

5GHzを「A」、2.4GHzを「G」と表記しているWi-Fiルーターもあります。

VDSL方式しか使えないなら、思い切って別の回線を検討しましょう!

お住まいのマンションがVDSL方式にしか対応していないのであれば、別の回線を検討した方が良いでしょう。

ただしドコモ光や楽天ひかりなどの光コラボであれば、ソフトバンク光とシステムは同じなので、VDSL方式から逃げられません。

ソフトバンク光がVDSL方式だった場合には、独自回線であるNURO光がおすすめです。

マンションオーナーの許可が別途必要にはなりますが、1部屋ごとに光回線を工事するため、速度実測が圧倒的に速くなります。

またNURO光のスマホのセット割の対象がソフトバンクスマホという点も、ソフトバンク光と変わりません。

▼ 公式サイトはコチラ ▼

もっと気軽にインターネットを利用したい!という人は、工事がいらないソフトバンクエアーもおすすめです。

モバイル回線を利用したホームルーターになるので、ソフトバンクエアーを置くだけで通信環境が整います。

しかしモバイル回線を利用するため通信速度にムラがあり、オンライン会議中に通信が切れることも予想されます。

▼ 公式サイトはコチラ ▼

まとめ

ソフトバンク光は通信速度が遅い!とのネット上の口コミが気になりますが、速度実測を見る限り遅い光回線ではありません。

ソフトバンク光は遅い!という人は、光BBユニットが古い型番であるか、VDSL方式のユーザーであると推測します。

光配線方式であれば、初期設定でも100Mbps以上出ているので、テレワークにも十分対応が可能です。

▼ 公式サイトはコチラ ▼

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアください

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる