光回線が遅い原因と対策【乗り換える前に確認したい5つのポイント】

光回線が遅い原因と対策

テレワークで仕事をする人が増え、光回線の人気が再び高まってきています。

MM総研が発表した「ブロードバンド回線事業者の加入件数調査」でも、光回線の需要の高さが見て取れます。

しかし契約件数が伸びてくると同時に、「光回線が遅い」「ラグがひどい」と速度に不満を持つ人も増えてきます。

質問くん

せっかく光回線を契約したのに、全然速度が出ないんだけど・・。ユーザーが増えたから、光回線が混雑してるの?

確かにユーザーが増えたことで光回線が混雑し、速度が遅くなることがあります。

でも使っている機器や光回線の提供方法によっても、速度が遅くなるんです。

そこで通信会社に勤める私ひろぽんが、光回線が遅い原因と対策について解説していきます。

この記事がおすすめの人
  • テレワーク中に通信が切れたり、ラグがひどくなることがある
  • 動画の読み込み時間が長すぎて、ストレスになっている
  • 速度が遅すぎて、FPSなどのゲームがまともにできない
筆者

光回線の乗り換えを検討するの前に、ぜひ確認しておきましょう。

目次

光回線が遅いと思ったら、速度測定サイトで実測値を確認しましょう

スマートフォンで速度チェック

光回線がめちゃくちゃ遅い!と思ったら、まずは速度実測値を確認してみましょう。

光回線の速度実測値を確認する方法

速度実測値の確認方法は、測定サイトにアクセスするだけで簡単に調べることができます。

実際の測定結果

速度測定結果

実際の速度が数値で確認できるので、本当に光回線が遅いのかの判断ができます。

筆者

100Mbps以上なら、お使いの光回線は遅くないです。

コンテンツごとの必要な速度も知っておきましょう

コンテンツごとに必要な速度も変わってきますので、こちらも知っておくと便利です。

コンテンツ必要な速度
ウェブ閲覧10Mbps
動画視聴(4K)30Mbps
Web会議30Mbps
オンラインゲーム100Mbps
コンテンツ別 通信速度の目安
筆者

FPSなどのオンラインゲームでも、100Mbpsあれば対応できるんです。

光回線が遅い原因5つとは?自宅のネット環境を確認してみましょう

読み込みが遅い

光回線が遅くなる原因はいくつかありますが、ここでは代表的な例を5つ挙げておきます。

光回線が遅い場合には、1度自宅のネット環境を確認してみてください。

遅い原因①:VDSLや同軸ケーブルで光回線が提供されている

光回線が遅い原因の1つ目は、電話ケーブルを利用したVDSLやテレビの同軸ケーブルが使われていることが挙げられます。

光回線が1Gbpsで提供されるには、部屋のコンセントまで光回線であることが条件ですが、古い建物の場合には既設の電話ケーブルやテレビケーブルで代用されている場合があります。

配線方式下りの最大速度上りの最大速度
光回線1Gbps1Gbps
LAN1Gbps1Gbps
VDSL100Mbps100Mbps
テレビ320Mbps10Mbps
配線方式と最大通信速度
筆者

光回線を契約しても、途中のケーブルが光ファイバーでないと、1Gbpsは出せません。

光配線方式とVDSL方式の違いは、こちらの記事に詳しくまとめました。

遅い原因②:Wi-Fiルーターの型式が古い

光回線が遅い原因の2つ目は、Wi-Fiルーターの型式が古いことが挙げられます。

Wi-Fiにもスマホの5Gなどと同様に規格が振り分けられていて、最新型と10年前のルーターでは出せる速度が異なります。

規格世代最大通信速度
IEEE802.11axWi-Fi69.6Gbps
IEEE802.11acWi-Fi56.9Gbps
IEEE802.11nWi-Fi4600Mbps
Wi-Fi規格と最大通信速度
筆者

1Gbpsの光回線を使っていても、11n(Wi-Fi4)のルーターだったら、最大600Mbpsまでしか出せません。

遅い理由③:2.4GHz帯のWi-Fiを接続している

光回線が遅い原因の3つ目は、2.4GHz帯のWi-Fiと接続していることが挙げられます。

Wi-Fiには5GHzと2.4GHzの2種類の周波数があり、接続する周波数によって速度が大きく異なります。

周波数速度実測値
5GHz帯539.90Mbps
2.4GHz帯58.41Mbps
周波数別 通信速度の違い
筆者

2.4GHz帯のWi-Fiは、IoT家電につなげるためのものです。

遅い原因④:LANケーブルの規格(カテゴリー)が古い

光回線が遅い原因の4つ目は、LANケーブルの規格(カテゴリー)が古いことが挙げられます。

LANケーブルにもWi-Fi同様に規格があり、古い規格のものを使っていれば速度は遅くなります。

規格最大通信速度伝送帯域
カテゴリー5100Mbps100MHz
カテゴリー5e1Gbps100MHz
カテゴリー61Gbps250MHz
カテゴリー6A10Gbps500MHz
カテゴリー710Gbps600MHz
カテゴリー7A10Gbps1000MHz
カテゴリー840Gbps2000MHz
LANケーブルの規格と速度
筆者

ONUとWi-Fiルーターをつないでいる、LANケーブルの規格(カテゴリー)も確認しましょう。

遅い原因⑤:光回線が輻輳(パンク)している

光回線が遅い原因の5つ目は、自宅周辺の利用者が多く、光回線が輻輳(パンク)していることが挙げられます。

光回線は利用料を安くするために、1本の光ファイバーを周辺エリアで共有利用しています。

そのためユーザーが増えれば増えるほど混雑度が高まるため、速度が遅くなっていきます。

筆者

インターネット トラフィックの推移」で、利用率の推移が確認できます。

光回線が遅いときの対策とは?快適なネット環境を作りましょう

高速回線でネットを使っている男性

光回線が遅いと、テレワークの仕事がはかどらない・動画の読み込み時間が長くなるなど、良いことはありません。

そこで、少しでも光回線の速度が速くなる対策を紹介していきます。

対策①:マンションだったら戸建てタイプを契約する

光回線が遅いときの対策1つ目は、マンションでも戸建てタイプの光回線を契約しましょう。

戸建てタイプで契約することで、建物内の共有設備を利用せず、直接光ファイバーがあなたの部屋まで引き込まれます。

光回線をあなた一人で専有できるので、建物内の利用者の影響は受けなくなります。

またVDSL方式や同軸ケーブルを利用しないため、確実に1Gbpsで光回線が提供されます。

筆者

ただし戸建てタイプで契約する前に、管理会社に許可を取っておく必要があります。

対策②:Wi-Fiルーターを1Gbps対応のものに交換する

光回線が遅いときの対策2つ目は、Wi-Fiルーターを1Gbps対応のものに交換しましょう。

Wi-Fi規格が11n(Wi-Fi4)のルーターを使っているなら、11ac(Wi-Fi5)に交換するだけで速度の改善が見込めます。

規格世代最大通信速度
IEEE802.11axWi-Fi69.6Gbps
IEEE802.11acWi-Fi56.9Gbps
IEEE802.11nWi-Fi4600Mbps
Wi-Fi規格と最大通信速度
筆者

10ギガの光回線を使うなら、11ax(Wi-Fi6)が必須です。

Wi-Fiルーターの選び方については、こちらの記事に詳しくまとめました。

対策③:5GHz帯のWi-Fiと接続する

光回線が遅いときの対策3つ目は、5GHz帯のWi-Fiと接続しましょう。

先ほども説明しましたが、5GHz帯と2.4GHzでは速度が約10倍も違います。

周波数速度実測値
5GHz帯539.90Mbps
2.4GHz帯58.41Mbps
周波数別 通信速度の違い

2.4GHzから5GHzの切り替えは、接続するWi-FiのSSIDを変更するだけです。

SSID周波数
〇〇〇〇-A
〇〇〇〇-5G
5GHz
〇〇〇〇-G
〇〇〇〇-2G
2.4GHz
筆者

パソコンやスマホなら、5GHzだけ登録しておけばOKです。

Wi-FiのSSIDについては、こちらの記事に詳しくまとめました。

対策④:LANケーブルを1Gbps対応のものに交換する

光回線が遅いときの対策4つ目は、LANケーブルを1Gbps対応のものに交換しましょう。

1Gbpsの光回線であれば、カテゴリー6への交換がおすすめです。

規格最大通信速度伝送帯域
カテゴリー5100Mbps100MHz
カテゴリー5e1Gbps100MHz
カテゴリー61Gbps250MHz
カテゴリー6A10Gbps500MHz
カテゴリー710Gbps600MHz
カテゴリー7A10Gbps1000MHz
カテゴリー840Gbps2000MHz
LANケーブルの規格と速度
筆者

どこか1か所でもカテゴリー5を使っているなら、今すぐ交換しちゃいましょう。

LANケーブルの選び方については、こちらの記事に詳しくまとめました。

対策⑤:接続方式をIPv6に変更する

光回線が遅いときの対策5つ目は、接続方式をIPv6に変更しましょう。

接続方式をIPv6にすることで、通信の混雑を避けるルートを自動的に選び、渋滞に巻き込まれなくなります。

さらに従来のIPv4接続では、世界的な人口増によりIPアドレスも枯渇してきており、いずれは対策が必要になります。

筆者

総務省もIPv6の普及促進を表明しています。

IPv4とIPv6の速度の違いについては、こちらの記事に詳しくまとめました。

まとめ

光回線が遅い原因と対策をまとめました。

本記事のまとめ
  • 部屋のコンセントまで光回線でないと、1Gbpsは出せない
  • Wi-FiやLANケーブルの規格が古ければ、光回線の速度が落ちる
  • Wi-Fiに接続するときは、5GHz帯のSSIDを選択する
  • マンションタイプが遅いなら、戸建てタイプにも切り替えられる
  • 夜間帯などで混雑を避けるなら、接続方式をIPv6に変更する

光回線が遅いと思ったら、まずは測定サイトで実測値を調べてみましょう。

調べた結果が100Mbps以上であれば、対策の必要はありません。

100Mbps以下がずっと続くようであれば、本記事を参考にして原因を確認し、対策を打つことをおすすめします。

筆者

光回線を乗り換える前に、まずは機器やケーブルの確認をしてみてくださいね。

スポンサーリンク

光回線が遅い原因と対策

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアください
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる